鎌倉fonteの日常

fonte2011.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日記・エッセイ・コラム( 73 )

鎌倉の桜満開

f0357044_07492020.jpg
頼朝公園、桜道、八幡宮と我が家のか近所も桜満開です。
畑もこの時期に、種まきなど、作業が続きます。
f0357044_07533642.jpg
北鎌倉のフォンテ畑は、
六国見山の里山保全プロジェクトの一環
山と畑の蜂蜜をと、養蜂も始まりました。
f0357044_08010542.jpeg
蜂と一緒に畑をやるのは初めて。
f0357044_08054548.jpg
養蜂家成田さんから講義を受けて、正しい知識を。
f0357044_08005101.jpeg
働き者の蜂、観察するとだんだん可愛くなって来ました✨
f0357044_08162563.jpg
月に一度、山の手入れのボランティア活動に参加。
北鎌倉湧水ネットワークの皆さんと、
鎌倉炭すざくの鈴木社長、
養蜂家成田さんチーム、
私は山の手入れは初めてでこちらも勉強中。
今月植え付けしたハーブたちもしっかり根付きました。
f0357044_07535824.jpg
コモンセージ
f0357044_07542476.jpg
ローマンカモミール
f0357044_07545870.jpg
レモンタイム
f0357044_07552068.jpg
ローズマリー
f0357044_07555547.jpg
さすが山‼もぐらもいるみたい。
f0357044_07562974.jpg
子供たちが植え付けしたジャガイモも発芽しました。
f0357044_07565616.jpg
お山の畑。
大変ですが、この環境。
癒されます。
今は六国見山バイキングコースの桜も満開。
f0357044_08205914.jpg
店の近くのフォンテ畑は苗場に。
f0357044_07591541.jpg
小さな双葉。デリケートなハーブの苗作りです。
注意深く。
ハーブ以外に、トマトと唐辛子も。
冬を越えたハーブや野菜も元気です。
f0357044_07581371.jpg
ワイルドフェンネル
f0357044_07584575.jpg
ワイルドルッコラ
f0357044_08253922.jpg
イチゴや豆の花も咲き始めたばかり。
f0357044_07595514.jpg
美味しい料理、
元気な野菜、ハーブで。
頑張ります🎵

[PR]
by fonte22 | 2018-03-31 07:48 | 日記・エッセイ・コラム | Comments(0)

鎌倉フォンテのおうちご飯 鎌倉の春

f0357044_14074781.jpg
北鎌倉の畑の周りに、
ふきのとうが出てきました。
まずは天ぷら。

f0357044_05562252.jpg
お客様からは、めかぶの差し入れ。
ざっと湯がくと鮮やかな緑に変わります。
冷水で洗い、細かく刻み、花かつおに、お醤油を混ぜ
よく滑りを出して、
熱々ご飯にのせると最高の春の味です。
f0357044_05563782.jpg
畑の隣の方に頂いた、
のらぼう菜。
(菜の花の原種)
ニンニクと炒めました。美味

f0357044_11381009.jpg
自然農6年目の畑は、
小さいけど、無肥料でブロッコリーが出来るようになりました。
収穫したてを、
焼き野菜に。
(フライパンに多めの菜種油、強火で焼きます)
キャベツやふきのとうも同様に
塩で頂きました。
ブロッコリー、自然栽培の味が出てきて、
なんとも美味。
f0357044_14065901.jpg
今年は試験的に少ししか植えていないので、
家族でペロリ😋
来年は沢山植えます‼

海も山もある鎌倉は、
この時期、海藻と山菜が両方楽しめます。

自然からの恵み、
人から頂くご縁に
感謝して
又、頑張ります✨

[PR]
by fonte22 | 2018-02-18 11:37 | 日記・エッセイ・コラム | Comments(0)

鎌倉フォンテのおうちご飯

福岡市の高取保育園のドキュメンタリー映画
いただきます
を見ました。
子ども達の子ども達も、健やかでありますように。
との願いと愛情のもと、
自分たちで作った味噌、
無農薬の玄米や野菜を食べて、
元気に成長する子ども達。

家も味噌作ろう✨と、家族で盛り上がり、
子ども達は、自分の保育園と似ている🎵と
(鎌倉市のピヨピヨ保育園)盛り上がり。

最後に、
その後のはなちゃんのみそ汁と、GIFT
と言う20分のドキュメンタリー。
はなちゃんのみそ汁は、
私が長女を授かり、
同時にガンも見つかり、
絶望していた時に見たブログ。
はなちゃんが高取保育園の園児だった事に、
泣きました。
同時は、ブログの批評に、
結局、玄米と味噌汁にしても、はなちゃんのママは死んだじゃん。
そういった食事療法に固執するって危険。
っていう人がわりと多く、
患者個人でできる努力はそれくらいなのに、
身震いするほど、その批評が痛かった事を思い出しました。
だから、
徹底的に食事療法して治ったよ❗
と、言って、ブログに書いて、
ガンで苦しむ人に、
少しでも希望になればと思ってきました。

でも、
はなちゃんのママや、
高取保育園の取り組みは、
子どもたちの子どもたちも、健やかでありますように。
もっと、あったかい、大きなものだと感じました。

ネット上の情報って怖いですね。
はなちゃんのママが、一人、味噌汁にすがるように感じた事。
思い出しました。

そして、幸運にも、再発せずに、
娘達と過ごせる自分。
忘れずに。と思いました。

子どもたちの子どもたちも、健やかでありますように。

f0357044_23164823.jpg
5歳も2歳も映画を見てますます料理を頑張ります。
f0357044_23173693.jpg
二人が手慣れて来た野菜の塩揉み
f0357044_23175853.jpg
二人で味も確かめます。
f0357044_23181837.jpg
重しをして、明日の夕食に。
子ども達は、素直で生きる気力に満ちています。
f0357044_23243428.jpg
自分で作った味噌汁は、
f0357044_23251237.jpg
美味しい🎶

大人みんなで、
子どもたちの子どもたちも、健やかでありますように。
と願う社会だったらいいな。





[PR]
by fonte22 | 2018-02-14 22:42 | 日記・エッセイ・コラム | Comments(0)

鎌倉フォンテのおうちご飯

f0357044_09280626.jpg
今年も白菜漬物が美味しい季節。
f0357044_08592301.jpg
手伝いも慣れてきた長女。
昆布を細く切って、
白菜はざくざく切って、
(これだと、失敗しません。)
鷹の爪、塩
f0357044_08594948.jpg
材料を入れて袋に入れてがさがさ混ぜ
塩加減は食べて、ちょっとだけしょっぱい感じ
f0357044_09002636.jpg
ホウロウ容器に袋から材料を移し
f0357044_09004581.jpg
重石
4リットルに白菜大ひとつがちょうど良く、
食べる量も我が家にはちょうど良い。
外に置きます‼
重石は翌日に下がり、水分がヒタヒタに上がります。
上がらないときは、塩が足りないので、少し足します。
そしたら蓋をして..
翌日から食べられるけど、
1週間位すると美味しいです。
f0357044_09000834.jpg
今年は、天候不順で白菜が巻きませんでした。
グリーンの白菜(*^^*)
外側は、外して使ったので、倍使いました。
でも、外側は捨てないで、
焼き白菜マリネで子ども達も美味しく頂きました。
作り方は、
熱したフライパンに菜種油を多めにひき、
ザクザク切った白菜外側を敷き詰めて、強火。
焼きます。
焦げ目がついたら、エイっと皿に。
ポン酢を熱いうちにかけて、花カツオをふんわりのせます。
お試し下さい✨


[PR]
by fonte22 | 2018-02-03 09:26 | 日記・エッセイ・コラム | Comments(0)

明けましておめでとうございます✨

f0357044_09412837.jpg
明けましておめでとうございます。
今年も、オーガニックイタリアンとして、
健康と美味しさをテーマに頑張ります🎵
どうぞよろしくお願いします。
f0357044_09482229.jpg
写真は、藤沢の地粉でタリアテッレを仕込んでいるところです。
パスタ、パン、タルト、全部地粉で手作りしています。
お昼から、アラカルトも全メニューやっていますので、
ぜひ。
f0357044_09464052.jpg
f0357044_09453668.jpg
畑は毎朝凍る寒さ
寒さで野菜は赤や紫がより鮮やかです。
f0357044_09473586.jpg
月に一度、小町路地裏マルシェに畑をテーマに出店しています。
今月は家は休んでいますが、5日6日、11日と3回あります✨

f0357044_09470119.jpg
フォンテは、2月8日に出店します。
宜しくお願いします。

[PR]
by fonte22 | 2018-01-05 09:41 | 日記・エッセイ・コラム | Comments(0)

鎌倉フォンテのおうちご飯 北鎌倉の恵み

北鎌倉湧水ネットワーク野口さんの畑で収穫体験させて頂いた
野菜で夕食作りです。
f0357044_08054823.jpg
長女5歳、一生懸命けんちん汁を作ります。
f0357044_08061454.jpg
里芋、聖護院大根はけんちん汁に
サツマイモは芋ごはん
聖護院大根の葉っぱでふりかけ
里芋は、茹でて、ばーばの手作り味噌と
f0357044_14041597.jpg
野菜の力を感じると、料理が楽しいですね✨
f0357044_14023408.jpg
f0357044_14030822.jpg
もうすぐ二才の次女は、大きな里芋を3つペロリ
f0357044_14034237.jpg
けんちん汁は長女が味噌味にしちゃいましたが、
野菜の美味しさに大満足‼
f0357044_08042707.jpg
秋田のじーじの菊とリンゴの酢の物も。
自然と精進料理になりました。
満ち足りた幸せごはんでした。
f0357044_06100145.jpg
美しい里山の恵みに感謝。




[PR]
by fonte22 | 2017-11-21 14:01 | 日記・エッセイ・コラム | Comments(0)

鎌倉フォンテのおうちご飯

f0357044_13473929.jpg
鬼ゆずでジャム作り
八百屋さんで地元産ゆずを見ていたら、
鬼ゆず…ジャムにすると美味❗(本来厄除け)が目立っていて、
ママ、やってみよう‼と長女とジャム作り

f0357044_13485697.jpg
大きくて、中の感じはまるで文旦です。
実も酸っぱい夏みかん。
実と皮に分けて、
皮は一度茹でこぼします。
(茹でこぼし‼の時は別鍋に茹でこぼし液を取って置きます。
塩大1、重曹大1を入れて沸かし、風呂に入れてください。
最高のゆず風呂になります✨)
実は薄皮から出します。
f0357044_13481486.jpg
茹でこぼしした皮は小さく刻みます。
皮と中身を合わせ、水カップ1、砂糖カップ1
アク取りしながら煮ます。
アク取りしたら、弱火で30分煮ます。
ご自宅ようは、ここで味見して、砂糖を足して出来上がり。
店用は、これを一晩寝かせて更に細かく切ったり、裏ごしして
水と砂糖を足して、木へらで混ぜながら、
ジャムが透き通るまで強火にかけます。
ジャムごとに、レモン汁で仕上げたりしますが、
今回は、畑のハーブ、ローズマリーを入れました。
f0357044_09105701.jpg
朝ごはんに、
お気に入りのパンに乗せて食べて親子で大満足。
パンは近所のベルグフェルドさんのグラハム。
こんな時は、他におかずはいりません。
美味しい美味しいと朝から幸せです。


[PR]
by fonte22 | 2017-11-21 13:47 | 日記・エッセイ・コラム | Comments(0)

湘南石鹸さん、石鹸の地産地消

f0357044_06092721.jpg
石鹸で地産地消を目指す湘南石鹸さんと知り合い、
肌に優しい石鹸と、
地域の素材を生かす取り組みについて話を聞きました。
鎌倉の塩を使った石鹸は、皮膚病で、つらい方でも、使えるように考えられています。
他、葉山温泉石鹸、ベビー石鹸などなど、
f0357044_06181726.jpg
肌の弱い我が家。
さっそく使わせて頂きました。
きめ細かい泡で優しく、ツルツルです(*^^*)

消費地から離れた生産者の方もいて、
地産地消が全てではありません。
しかし、自分の住んでる地域のつながりがしっかりしている事はとても大切です。
一人では、何も出来ませんから。

お話して、フォンテ畑のハーブで石鹸を作って欲しいな✨
だけじゃなく、もっと大きな鎌倉の資源を活かしたプロジェクトを
(まだ秘密(*^^*))
話し合いました。

新しい出会いに感謝。


[PR]
by fonte22 | 2017-11-01 06:08 | 日記・エッセイ・コラム | Comments(0)

映画「0円キッチン」~自分に何ができるか。

先日、フードロスを取り上げた映画
0円キッチン
f0357044_07593096.jpg
を見ました。
食の安全と地産地消に特化してきた当店、
食の世界も学べば学ぶほど、経済優先社会のひずみがあらわになる世界。
この映画も、とても感慨深く見ました。
多くの日本人にも見てほしい映画です。

では、見た後に、自分には何ができるかを考えます。
実際に小さなことから試してみます。
f0357044_07534990.jpg
今回は、台風と急な低温で収穫を断念した畑のトマトでジャムを作ってみました。
台風で大量に実が落ちたとはいえ、
5株でバケツ2杯近い実が採れました。
f0357044_07543589.jpg
もちろん、青いものがほとんど。
f0357044_07550700.jpg
f0357044_07553699.jpg
作ってみると、アクが沢山出ます。
苦くて食べられないかと諦めつつ、アクをとり続けると、清んだ色になってきました。
食べてみると美味しい!
ここからは、料理屋だから丁寧に。
一日寝かせて味を安定させます。
f0357044_07562058.jpg
冷めた状態で味を見て、砂糖を調節。
レモン汁で酸味を調節。
裏ごしするか迷いましたが、
自然農で肥料もなくたくましく育った種にはきっとパワーが宿っていると思い、
繊維が気にならない程度にミキサーにかけて、
再びアクを取りながら煮詰めていきます。
f0357044_08002121.jpg
とても美味しいジャムになりました。

最近、未熟な果実や野菜、
青ミカンや間引き菜で出回ったりもします。

でもここにも一つ問題があると思います。
若い時ほど、病害虫が付くので、農薬をかけます。
正式に出荷する時は、出荷何日前までに最後の農薬散布と残留農薬が無いように計算されていますが、
間引き菜や、摘果の果実は散布のさなかのものになります。

安全な農業と、その農産物を無駄なく生かす。
このことはセットじゃないと危険だと思います。

近く、この映画の日本版と撮影するそうです。
厳しいだろうな~と思います。

日本ほど、食べること(国民の健康)も
農業(安全な農業は自然災害や破壊からを守ること)も
食糧自給率を高めて餓えないようにする事、
(輸入食糧の供給が、ストップする可能性はゼロじゃない)
経済優先の論理に流されている先進国は無いんじゃないかと思います。
食べることまで政治と経済に支配されて、
こう書くことの言論の自由も危うくなってきている
のではないかな~
と思いつつ、ジャムぐつぐつ煮ていました。(笑)

私は何ができるかな?
美味しいものを作ること。。
美味しいってこと一つとっても、とてもとても深いけど、
チャレンジチャレンジ!
f0357044_13474073.jpg
青トマトジャムを使ったタルト




[PR]
by fonte22 | 2017-10-30 08:10 | 日記・エッセイ・コラム | Comments(0)

鎌倉fonteのおうちごはん

f0357044_07545868.jpg
一日用事でで出かけて帰りが夕飯の時間になって、
ただいまーと家に入った途端にママーと飛び出してくる子供たち。
あれ?いい匂いする。
そう!父ちゃんとピザ焼いているの!
f0357044_07552463.jpg
サラダとハンバーグも作ったの!
と、もうすぐ5歳の長女。
f0357044_07554942.jpg
たんも(自分の事)やったー!
ともうすぐ2歳。
f0357044_07560700.jpg
f0357044_07563088.jpg
作ってくれたもの。
f0357044_07504247.jpg
鎌倉の野菜やフォンテ畑のトマトでカプレーゼ風。
ジージの畑の野菜ピッツァ
ポルペットーネ(イタリア式ハンバーグ)野菜とオーブン焼き
f0357044_07514110.jpg

ついこの間まで、お留守番だけで精いっぱいだった子供たち。
成長したなー
f0357044_07511337.jpg

店を初めてもうすぐ6年。
娘たちをおんぶして働いてきた日々がもう懐かしい。

シェフである父ちゃんに習って、
一生懸命イタリア料理に取り組む二人のスマホ画像をみながら、
ピザをほうばれば、涙がこぼれて、
f0357044_07584131.jpg
f0357044_07591559.jpg
二人の食べっぷり!に笑いながら
心から幸せを感じました。
f0357044_07573853.jpg
ごちそうさま



[PR]
by fonte22 | 2017-10-11 08:00 | 日記・エッセイ・コラム | Comments(0)