鎌倉fonteの日常

fonte2011.exblog.jp
ブログトップ

2月28日フォンテ畑作業

f0357044_19245951.jpg
自然農法フォンテ畑のアーティーチョーク
ここ2週間くらいで急に大きくなって、
春の勢いを表すようです。
植えて3年目の昨年秋
初めて株分けしました。
春のこの勢いにホッと一安心です。
この後にょきにょきと大きくなって2メートルくらいになり、
6月ごろ蕾を収穫する予定。
イタリア野菜です。


f0357044_19234994.jpg
真冬の間、穴あきトンネルで保温し、少しずつ収穫していたハーブ
ディル、パクチー、イタリアンパセリ、リーフレタス・・
トンネルが狭いよ~と言うほど茂りましたので、
トンネルを外しました。
まだちょっと寒いけど頑張って~
全部、自家採種したハーブ達です。

f0357044_19252131.jpg
コンパニオンプランツでイチゴと混植するといいと本に書いてあったので、
初挑戦のにんにく。
肥料喰いで有名ですが米ぬかくらいしか補わない自然農法でどうなるか・・・
元気ですが、イチゴと混植すると土寄せができないリスクがあり、
どうなりますか・・・6月収穫予定です。
f0357044_19232456.jpg
法蓮草・・・
肥沃で、アルカリ土壌じゃないと育たないという野菜。
肥料も入れず、苦土石灰などでアルカリ土壌にもせず、
ちゃんと育つようになりました。
(自然農法を初めて3年は全く育たなかった)
色は市販のホウレン草より明るい緑です。
消費者が、色が濃い方が栄養価が高いと思って買うことで、
日本のホウレン草は肥料を沢山いれるため、
世界の中でも硝酸性窒素が高いと言われています。
硝酸性窒素は、赤ちゃんが沢山食べると突然死につながる怖いものです。
健康のため、頑張って葉物のジュースを作って飲んでも害になりうるそうです。

f0357044_19254858.jpg
この時期、秋田の父が一冬中店で使えるように育ててくれた
ジャガイモに芽が出てきます。
それを早春に植えて、6月に家族で芋ほりをすることが、
娘が産まれてからささやかな我が家のお楽しみになっています。
自然農法で育てると、収穫量は今のところ三分の二くらい。
小芋ばっかりの時もあります。
でも、これがめちゃくちゃ美味しくて、
自然農法最高~と思う味なのです。
少しでも、お客様の口に入りますように、
15個植えました。

ほかに、
さやえんどうの支柱を立てたり、
タイムの畝に絡まるように生えてきたの小さな雑草とり、
寒冷紗や、保温ビニールトンネルを外してかたずけ、
長ネギの収穫。
盛り沢山でした。

春は、休眠していたハーブ達が、
ちゃんと今年も目覚めてくれるか、
ドキドキします。
何せ、3年ほどは何も収穫できないやり直しやり直しの春でしたから(笑)




[PR]
by fonte22 | 2017-02-28 23:51 | 自然農法 | Comments(0)