鎌倉fonteの日常

fonte2011.exblog.jp
ブログトップ

自然栽培、穴を掘る‼

f0357044_12554029.jpg
畑の際に4か所穴を掘りました!
深さ50センチを目指していたけれど、40で断念。
40以下が固い石の層でスコップ刺さらず。
f0357044_14140032.jpg
暑さで頭がおかしくなったのではなく、
お客様でいらした森田さんに畑を見てアドバイスいただいて実践。
森田さんは、自然栽培を消費者としてずっと追ってこられた方です。
沢山の自然栽培の農家さんと親交があり、
奇跡のリンゴの著書、木村さんとも10年来の友達。
面白くてためになる話は沢山伺い、紹介しきれないのですが、
とにかく、実践、観察、実践の繰り返しが大変大事だと感じているので、
畑を見ていただきました。

農薬や、除草剤はもちろん、
肥料を使わない自然栽培。

じゃ、どうやって収穫に至る畑にするの?

この初めに抱いた疑問。

もちろん簡単に解決できなくて、
一番の原因は、私たちの暮らし全部が自然の営みから切り離されて
知恵を受け継がず、失っていることのよう思います。

森田さんも、
簡単に説明すること、
簡単にできること、
が喜ばれる思考停止の時代を憂いていました。

で、
話を畑に戻します。

森田さんいわく、
場を整えることが一番大切。

場を整えると言うことは、
空気の流れ、
水の流れ、
心地よく植物が呼吸できる土。

その実現の第一歩として、畑の際に穴を掘ろう!
と言うアドバイスを頂いたところです。

夏は、やぶ蚊がすごくて、穴を掘る作業中もものすごい数が襲ってきました。
もちろん汗もだくだくです。
やぶ蚊は、気の悪いところに大量にいるそうです。

畑の気持ちが良くなると、
害虫も減るとの事。
変化が楽しみです。

自然栽培や自然農法と言うと、
イメージで、宗教的とか、頭がどうかしちゃったんじゃないかと思われがちですが、
最近、沢山の経験者の方から話を聞くようになって、
双方ともに、非常に緻密な準備と計算のもとに、
自然の力を最大限生かして収穫していることを知りました。

出版されている自然農法の巨匠たちが書いた本は、
理念ありきで、多くは実践がなく、
多くの実践者は、自然の意外なたくましさや強さの前に諦めてしまうと思います。

実践記録としての畑ブログを頑張って、
やってみたいと言う方の参考になったら幸いです。

f0357044_14150433.jpg
穴を掘った畑の際。
レモンタイムやレモンバーベナ、レモンバームを縁にしています。
夏はタイミングを見て草を生やしたり刈ったり。
暑さと湿度調節でハーブを守っています。

でも、夏は正直、追いつかない。

場が一番荒れるのも夏だと聞いて納得。




[PR]
# by fonte22 | 2017-08-08 12:55 | 自然栽培 | Comments(0)

自分で種を採ること

f0357044_14131434.jpg
2代目スナップえんどう、5代目絹さや。
f0357044_14133432.jpg
長ネギ、コリアンダー、ディル、イタリアンパセリ
毎年、フォンテ畑では、
できるだけ自分で種を採って、
より、自然農法に適応健康かつ美味しい野菜やハーブを作る努力をしています。
梅雨明けして暑くなると、
梅雨入り前に収穫した種が、いい感じに乾くので、
(乾くまで店内にいっぱい干しています😊)
どれも、9月のお彼岸には、種まきです。
日々、コツコツ準備です。

なぜ、自分で種を採るかと言いますと、
遺伝子組み換えの心配、農薬汚染、化成肥料なしでは育たない、など、自然農法の畑にとって、
必ずしも、市販の種がよい種ではないと、
実感したからです。

それから、もうひとつの理由は、
種まき~種とりまで、野菜の一生を
穏やかに循環したいとの思いからです。
観察して見ると、
芽を出して収穫適期と、
適期を過ぎて花が咲いて、
花がちり、種ができ、
種が成熟して、親株が静かに朽ち果てて枯れるまで、
適期を過ぎてからのほうが、長く時間がかかります。

でも、そうして、次の世代に命と生き抜く知恵を引きついでいる大事な時間に思います。



[PR]
# by fonte22 | 2017-08-06 13:27 | 自然栽培 | Comments(0)

夏の恒例

f0357044_11414060.jpg
夏は、ドライトマトをせっせと一年分仕込みます。
トマトは、父の有機栽培畑や、
自然農法フォンテ畑のミニトマト。
f0357044_00192189.jpg
日々、自然の恵みを丁寧に…


[PR]
# by fonte22 | 2017-07-29 11:41 | 料理、メニュー | Comments(0)

本に答えは書いていない

f0357044_22425178.jpg
9年前に出たこの本で私は初めて自然栽培、自然農に出会いました。
それから、すぐにいろいろな関連本を読み、
尋ねられる生産者を探し、
小田原に同じように長年自然栽培をしている方がいると聞いて訪ね、
実際の畑を見て、
人生観が変わるほどの衝撃を受け、
これだ!
と思って今に至っています。
5年前に自分で店を持ち、畑もはじめました。
徐々に、お客様の中でも、自然農を実践している方が見えられ、
情報交換ができるようになったことは嬉しく、感謝しています。

中でも、先日、奇跡のリンゴの著者、
木村秋則さんと10年来のお付き合いのある、
森田さんがいらして
色々お話しできたことは、とても光栄なことでした。

畝の切り方や、耕し方の話、
自身が作成された映画の話、
今取り組んでいる森の再生の話、
どれもこれも私には予習復習しても追いつかない内容量。(笑)

そして、再び奇跡のリンゴを再読し、
勧められた本を買って読みました。
f0357044_22430902.jpg
そして素直に思いました!

本に答えは書いていない!

これを読んだからと言って、
じゃ、フォンテ畑はこうしてみようとは書いていない。

実はこれは森田さん自身が私に最も沢山おっしゃっていたことのように思います。

こう書いてあったからこうした、
そのまま真似をして自然栽培のブランド名が欲しい、
出来れば明日からでも取り組める簡単な方法を教えてほしい、

自然栽培はそうじゃない。

自分の目で、自分の畑を観察して、
自然を観察して、
自分で学んで、自分で実践する。
その積み重ねが基本。

その上で、
先人に学ぶ。
自然農だった時代の日本人の知恵、
自然を受けて生きていたころの建築物の構造、石垣の構造、
街の作り、山の造形、
縄文人から培われてきた日本人の農耕、
全部大事と教えてくれました。

それから、
陰に入らないで!と。
そう!自然栽培は陰じゃありません。

私たちがどうして感動して志したか、
畑が豊かで、明るくて、美味しくて感動したのです。

今まで自分が感じていたカテゴライズされること、
から、完全に自由で、明るい世界でした。

簡単に表現すること、
インパクトがあってみんながわかること、
が重要視されすぎて、

みんながいいねって言っている事が、
いい事。
皆が美味しいって言ってることが、
美味しいこと。

なんでもかんでもそうなって、
みんな自分で考えたり観察したりしなくなっている、

そんな時代にこそ、と
奇跡のリンゴ
の本が出てきたような気がしますが・・・

そんなこんなをいやと言うほど経験してもう上映していないと、言っていた、
森田さんの映画。
私はぜひ、鎌倉で上映してほしい。
と切に願っています。

降りていく生き方
http://www.nippon-p.org/





[PR]
# by fonte22 | 2017-07-26 23:31 | 自然栽培 | Comments(0)

鎌倉フォンテのおうちご飯

久しぶりに雨が降り、気温も過ごしやすい鎌倉です。
久しぶりに、フォンテのおうちごはん!(笑)
子供たち大好き、夏のミネストローネです。
f0357044_13241093.jpg
父の有機栽培畑の完熟トマトをザクザク切って、
フライパンにオリーブオイルとニンニクとバジルと塩一つまみ、
強火でぐつぐつ・・
トマトのの水分だけで煮えていきます。
f0357044_13244688.jpg
もう一つの鍋で、ざく切りにした夏野菜をオリーブオイルとニンニクと塩で炒めます。
本日は、父の有機栽培畑の赤玉葱、茄子、トウモロコシ、
まるしん農園(大磯)さんのズッキー、
フォンテ畑のししとう。
f0357044_13251419.jpg
良く炒められたら、大鍋に全部入れて、
ペンネ(パスタなんでもよし)とローリエ、水たっぷり、塩、胡椒で味を薄めに決めて
間違っても、スープの素は入れずに!
20分ぐつぐつ・・・
お皿に盛って出来上がり!
(食べるのに必死で写真なし!)
子供はこのまま、もりもり。
大人は、自分の好きなように、塩、オリーブオイル、チーズをかけて。
f0357044_13264544.jpg
今日は、先日のイベントでおススメいただいたプーリアのオイル!
南らしい青々と力強い美味しさ。
子供は、プーリア流にトマトをつぶして、オイルをかけて、塩パラりでパンをいくつも食べました。
f0357044_13261985.jpg
自然農法フォンテ畑、周りの畑よりいつもながら遅れて、
収穫が始まりました!
トマトの時期!皆さんも満喫してね~。





[PR]
# by fonte22 | 2017-07-26 13:45 | 日記・エッセイ・コラム | Comments(0)