鎌倉fonteの日常

fonte2011.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

フォンテ畑バジルを植える

f0357044_18295626.jpg
4才、1才、バジルを植える。
f0357044_18303916.jpg
お姉ちゃんは、ママと毎週、NHKやさいの時間を見ていて
植える前に、植える穴に水を。
f0357044_18311061.jpg
苗植えも慣れます✨
最後の水やり
1才、興味深く姉を見て、邪魔しません。
f0357044_18283355.jpg
頑張ったね❗と、近所のムーミン谷ファームの蓮花摘みのお許しを頂き、
お姫様気分です。
f0357044_18285913.jpg
1才も頑張りました✨
オープン前に、めちゃくちゃ時間かかったけど、
ママ、無事に、お客様ように、ハーブやルッコラ、豆を収穫しました。
新緑の鎌倉。
お食事でも、感じて欲しいので🐝☀


More
[PR]
by fonte22 | 2017-04-30 18:27 | 自家畑 | Comments(0)

帽子デザイナー野村あずささん

f0357044_23230392.jpg
鎌倉路地フェスタ
カジュアートスペースでのカジュ祭
凄い帽子の人発見( ̄□ ̄;)!!
f0357044_23232311.jpg
帽子で、カジュアートスペースを表現
f0357044_23245611.jpg
やっぱりプロの方
カジュアートスペース内で帽子の販売もしていました❗
今年のカジュ祭
いろんなアーティストが集まり、
ちょっと覗いただけじゃ見きれない楽しさ。
明日が最終日です。
ぜひ‼

[PR]
by fonte22 | 2017-04-29 23:22 | イベント | Comments(0)

ゴールデンウィーク前の畑仕事

f0357044_09360411.jpg
連休中、店が忙しく、収穫しかできないので、
昨日は、畑全体の草取りです。
自然農法フォンテ畑は、
こぼれ種からのサイクルを大切にしています。
草も繁る時期ですが、
こぼれ種から、芽吹くハーブは抜かないなように、
注意深く。
昨日は、シソの赤ちゃんがいっぱい。
ちなみに、抜いた雑草は、通路に敷き詰めました。
昨日のこぼれ種の芽吹きは、シソ、ルッコラ、カレンデュラ
イチゴ🍓は青い果実がいっぱい。
藁を敷いてあげなくちゃ。
畑の繁忙期とお店の繁忙期が重なるのが、悩み。
娘達の保育園も休みですし☀(笑)
ママ頑張らねば(笑)
f0357044_09492050.jpg
新緑が美しい鎌倉です。



[PR]
by fonte22 | 2017-04-29 09:35 | Comments(0)

書家、ハーブを筆に

書家、笑顔配筆人こと馬場貴海賀さん
当店で鎌倉路地フェスタというイベント参加中です。
店内は今、写真家関野直子さんと馬場貴海賀さんの書、
コラボ展示中です。

先日、店に来て、ライブで書いてくれた書をオリジナル加工した作品を送ってくれました。
f0357044_23071168.jpeg
鎌倉、鶴岡八幡宮

f0357044_23144580.png
トラットリアフォンテの席から
この日の筆は、
f0357044_23172406.jpg
フォンテ畑のハーブです🎵
以前、大作を書くのに大きな筆が、無くて、人参の葉っぱを束ねて書いたと、ラジオ収録で話していたから、
ちょっと、フォンテママ、家に来たら🎶って夢見ていました✨
と、言うことで、ハーブ畑にご案内し、書いてもらいました❗
まずは、筆らしい、クラフト用猫じゃらしで
f0357044_23214049.jpg
f0357044_23220985.jpg
f0357044_23230167.jpg
真剣です。
f0357044_23234640.jpg
やっぱり
f0357044_23241534.jpg
シェフの希望で、
f0357044_23264510.jpg
イタリアンパセリでも
f0357044_23275646.jpg
f0357044_23282143.jpg
f0357044_23285271.jpg
苦戦していた事は、
f0357044_23302147.jpg
ハーブが墨をはじくこと
自然の防水機能に一同感動。
f0357044_23315805.jpg
食べたり飲んだりの畑の幸で、
ありがとうを💐
f0357044_23363874.jpg
カモミール、ミント、レモンタイムのブーケティー
f0357044_23375726.jpeg
展示は、ゴールデンウィークまでです。
ぜひ、お食事と共に満喫してください!
路地フェスタは、30日まで、
詳しくは、

[PR]
by fonte22 | 2017-04-28 23:05 | イベント | Comments(0)

里山を守る容器

f0357044_15263979.jpg
先日、小さな子供たちと、ママ達へ、
ケータリングでお食事を運ぶ機会が、ありました。
皿、コップ、やっぱりプラスチック。
そうじゃない、
オーガニックイタリアン、フォンテらしい、
あり方は、日頃から、勉強しておかないと。と、
里山の保全を目的に、
木の容器を提供しているところを、
紹介して頂きました。


[PR]
by fonte22 | 2017-04-27 15:25 | 日記・エッセイ・コラム | Comments(0)

鎌倉路地フェスタ!

f0357044_09161312.jpg
鎌倉路地フェスタ。
30日までの小さなアート祭。
何時もは歩かない鎌倉の路地をたどり、
拠点を巡り、新しいお店や、新しい景色に出逢って下さい❤
f0357044_09163672.jpg
今はは鎌倉のマイナー地域
その昔、鎌倉幕府のあった地域
大きな史跡が何も無いのが、鎌倉の残念なところですが、
小さな墓碑や石碑に思いを馳せて
のんびり歩く、魅力あふれる地域です。

当店の展示は、ゴールデンウィークまでです。


[PR]
by fonte22 | 2017-04-27 09:15 | イベント | Comments(0)

フェルミエ本間るみ子さん

先日、ご来店いただいた
フェルミエ代表、本間るみ子さんより、
本を送っていただきました。
f0357044_22471858.jpg
ずっと憧れだった本間さんからの本に感激。
今、私は小さい娘二人のお世話と店のやりくりで一日があっという間に終わってしまう。
でも、そこを粘って、10分でも30分でもこの本を開く、
勉強することの大切さや喜びを本間さんは私に呼び戻してくれたように思います。
私より何倍も多忙なのに
きらきらした笑顔で、
「私、本が大好きなの」とバックから本を取り出してみんなに紹介する姿・・
温故知新ってサインとともに書いてくださった言葉。
f0357044_22475224.jpg
大切に勉強します。
感謝。

株式会社フェルミエ




[PR]
by fonte22 | 2017-04-26 22:58 | 日記・エッセイ・コラム | Comments(0)

鎌倉ケーブルテレビの山縣さんへ花束を



鎌倉路地フェスタの紹介で、
4年ぶりに鎌倉ケーブルテレビに出ることになりました。
f0357044_02005931.jpg
4年前の放映をDVDにして送って下さったので、
田舎から母が鎌倉に来た時などに見せて家族の宝物です。
その時、取材に来てくれた山縣さんがまた来てくれると聞いて、
娘たち、保育園を休みスタンバイ(笑)
4年前に出た時は、長女が生後6ヵ月。
お店は1歳6ヵ月。
毎日、育児でほとんど眠れずにいるのに、
パンパンに張りつめた気持ちで娘を背中におぶって毎日店に立っていた。
赤ちゃんをおぶって、ワインを紹介する、抜栓する、
可愛い♡と言ってくれる方もいれば、
親の仕事に付き合わされてなんてかわいそう、と言われることもあり、
泣きながら働いていたあの頃。
今となっては懐かしい(笑)
f0357044_01451559.jpg
今は、娘たちが可愛くて、主人と私二人、力を合わせて小さい人たちを守りながら、
小さな店を営んでいる。
そんなすべてが嬉しくて、山縣さんに花束を作ろう~!と
f0357044_01423873.jpg
朝から早々にオープン準備をやって、
娘たちと花摘みです。

フォンテ畑のハーブ・・・
f0357044_01493491.jpg
とご近所さんの集まるムーミン谷ファームより、
f0357044_01434036.jpg
f0357044_01462439.jpg
f0357044_01465744.jpg
f0357044_01473512.jpg


緑肥で植えた蓮華が咲いたから摘んで行って~と温かい言葉に花摘みは盛り上がり・・
今か今かとお待ちして。
やっと再開した山縣さんは、
長女のことを名前の文字まで覚えていてくださりました!
花束を手渡し、にっこにこの娘たち。。
放映されたのは、1分くらいだと思いますが、なんとも嬉しい一日でした!
山縣さんありがとう。
f0357044_01482959.jpg

f0357044_22592928.jpeg
f0357044_23000731.jpeg
f0357044_23001805.jpeg

[PR]
by fonte22 | 2017-04-26 03:56 | Comments(0)

路地フェスタ、レインボーステイへ

f0357044_01421067.jpg
娘たちと、鎌倉路地フェスタめぐり。

レインボーステイさんへ
https://www.facebook.com/rainbowstay777/?fref=ts
このフェスタに参加している二階堂、浄妙寺地区は鎌倉でも地味な地域ですが、
歩くと、鎌倉らしさに満ちた地域です。
今日は、レインボーステイにまぐり涼子画展を見に行ってきました!
はまぐり涼子さん
https://www.facebook.com/events/260121007724755/
ちょっとした山登りの後にレインボーステイさんが出てきた時は感動。(笑)
(車でもこれますが)
広ーいお庭でのんびり鎌倉の風を感じながらお昼やお茶ができます。
そして、はまぐり涼子さんの絵の世界。
可愛くて、優しくて、緻密で・・・
皆さん!ぜひ行ってみてください。
*ピンチヒッターで今日だけ出品。フォンテママのスコーンも食べられるよ~。
f0357044_15532760.jpg

[PR]
by fonte22 | 2017-04-26 03:51 | Comments(0)

誰もが楽しめる海を№2

f0357044_02034535.jpg
鎌倉の夏、
誰もが海を楽しめるバリアフリーの日があります。
この活動を主催しているさかい内科胃腸科クリニック委員長酒井太郎先生が
医師会の会報誌に寄稿した本を当店でいただきました。
でも、ご来店いただいた方にしか読んでいただけないのはと思っていたところ、
酒井先生より原稿をお借りしましたので、アップしたいと思います。
バリアフリービーチが普通になる日が来ますように願いを込めて。

「まぜこぜ」社会の大切さ、鎌倉バリアフリービーチ in 材木座を開催して「車いす生活になったとたん大好きな海水浴にも行けなくなってしまった。」 日々、診療をしていると気づかされることがたくさんある。夏の話をしている会話の中で聞いた言葉にはっとさせられた。車いすだと砂浜の海岸に行かれない、言われるまで考えたこともなかった。
 夏は海水浴を楽しむ、そんな当たり前のことを誰にでも楽しんでもらおう。介護や福祉関係の仕事をしている仲間に声をかけ、鎌倉市役所の観光商工課、障害者福祉課、海水浴場組合にもご協力いただき、100人以上のボランティアが集まって、一昨年の夏から1日だけだが「鎌倉バリアフリービーチ in 材木座」を開催している。 材木座海岸前の道路から波打ち際、多機能トイレなどの周りにベニヤ板を敷いて車いすのまま海岸を移動できるようにし、また遊泳後に休憩ができるよう海の家にも協力してもらい僕たちで店内にスロープなどを作り全てバリアフリーにした。 参加者は事前申し込み20名の募集に、一昨年の1回目は23人の応募だったものが、昨年は県外からも含め倍の46人の応募があった。年齢も4歳から83歳までと幅広く、実行委員長としては迷ったが、ここで断ってしまうと断られた人は1年間海水浴ができなくなってしまうと思い、安全管理、駐車場の問題もあったが、ボランティアの数を増やし、県の駐車場を借りる手はずを整え全員に参加してもらった。 
当日は、始まってしまえば海水浴が楽しいのは、子供や高齢者、障害者も健常者も関係ない、「きゃー、初めての海だ」名前に海がつく中学1年の明海さんが叫んでいた。「この年で海に来られると思っていなかった。」82歳のおじいさんの笑顔は最高だった。このおじいさんは秋に亡くなり、家族から帰ってきた後もずっと海の話ばかりしていたと御礼の言葉をいただいた。 僕たちが気をつけているのは、このバリアフリービーチは、障害者でもできることはしてもらう、僕たちは環境を作るだけということである。
参加費をとってもいいのでは、と言う人もいるが海水浴は元々無料で楽しめるものなので参加費も取っていない。ボランティアがたくさんいるので必要があれば手伝いますよ、必要な人は駐車場もあるし休憩も海の家でできますよ、ただしお金は自分で払ってください。僕たちが海水浴に行く時と一緒である。 そして、バリアフリービーチエリアも障害者の占有にしてはいない、今日は障害者も利用していますという告知としてバリアフリーエリアという登りを設置しているが、一般の人もどうぞご利用くださいとなっているので、障害者の車いすの周りには一般の海水浴客がシートを広げている。

本当の社会というのは、色々な人がいて「まぜこぜ」なのだが、今の日本は、障害者は障害者と、健常者は健常者といることの方が圧倒的に多いのでお互いのことが分からない。ただ周りにいる人が少し手を貸すだけで社会は変わってくる。今はたくさんのボランティアが手伝っているが、将来は、当日来ている一般の海水浴客が少し手伝ってくれれば、そのうちボランティアなんていらなくなるかもしれない。面白いのは、ベニヤを敷くと一般の海水浴客も暑い砂浜を歩くより歩きやすいので、みんなベニヤの上を歩く、海の家に冷蔵庫を届ける宅急便屋さんからは、「今日はベニヤがあって本当に助かりました。」と感謝された。

そう、障害者に優しい社会はみんなに優しい社会なのだ。

昨年、熊本地震直後に被害の大きかった益城町に医療支援に行き、5年前の東日本大震災の時と避難所生活が変わっていないのに本当にショックを受けた。高齢者など社会的弱者と言われる人の視点が全く欠けていた。普段からもっともっとそういった人の視点で社会を考える、そんな必要性を感じた。熊本地震の話は、また機会があればどこかでしたいと思っている。 

話をバリアフリービーチに戻すと、楽しい1日は時間がたつのもあっという間だ、総勢200人以上、みんなが笑顔で夕方帰るときには、「また来年、この場所で」と手を振りながら別れる。そこには正に心のバリアフリーの世界が広がっている。そんな光景をみると、また来年もやらなきゃ、という思いが強くなり、大変だった準備のことも忘れてしまう。 バリアフリービーチ、日本ではほとんど初めての取り組みとのことで毎年NHKを始め多くのマスコミに取り上げられている。このような海水浴場が一つでも増え、障害を持つ人たちが、「明日はどこの海に行こうかな?」と海水浴場を選べる時代が来ることを願っている。

 今年も参加者の笑顔を想像しながら、すでに鎌倉バリアフリービーチの準備が始まっている。(一行空ける) 最後に、このバリアフリービーチの開催費用は、皆様からの協賛金でほぼ全額がまかなわれており、医師会の先生をはじめ大勢の方に協力していただいています。この場を借りて御礼と感謝を申し上げます。そしてご協力いただける方がいらっしゃいましたら、ぜひお声をおかけいただければと思います。「まぜこぜ」の社会が当たり前になるまでこの活動を続けていきたいと思っています。よろしくお願い致します。冬の鎌倉にて。鎌倉バリアフリービーチ実行委員会委員長 

ここからは、
フォンテママの話です。
相模原の障害者施設の事件より、心は痛めつつ、自分のなかに、意見がないことに腹ただしく思いました。
あまりにも、想像ができなかったからです。
想像して思いも寄せられない。
ひどい事です。
人の気持ちを理解したり、想像したりできない。
今、若い人たちの起こしてしまう残虐な事件に、
想像力の欠如が挙げられていますが、
大人たちがみんなが欠如していると言えば言いすぎでしょうか。

子供時代、
私は北海道の田舎町で育ちました。
保育園から中学まで20人ずっと一緒。
兄弟みたいなもんです。
その中に一人、昔でいう(今は差別用語だと思います)ちえおくれの子がいました。
(以下s君)
でもずっと、一緒に大きくなりました。
その子が、中学の途中で、障害者学級に行くことが決まりました。
田舎です。
その学級に行くために、一日に何本もない町営バスに乗って隣町まで、一人で通学です。
案の定、s君は、初登校の日、バスに乗れなかった。
クラスのみんなが、心配しながら普段通り授業を受けていたとき、
校庭にバスに乗り遅れたs君が佇んで同級生の私たちの教室をじっと見ているのを誰かが見つけて、
それでも中断されない授業を受けながら涙が止まらりませんでした。
まだ、雪の残る寒い寒い日に佇んでいる彼の姿を今も忘れません。
一緒じゃダメだったのか?
今まで通り、みんなでs君なりの勉強を見てやるのではダメだったのか?
特別学級に行ってどれだけ効果があるかわからないけど、その後、どうなるのか?
と、子供心に思いました。

それ以降、高校に進学して、大学に行って、社会人になって、
私が障害を持つ方(そもそもこの言葉も嫌いだが)とともに過ごす機会は全くありません。

だから、情けないくらい、大人として何もない状態。
子供の時、涙した、悔しいとか、怒りとか感じた大人の差別社会に、溶け込んでいる。
そもそも、何ができるかって思うことが違うのかも。
だって、私たちは子供の時は兄弟のように一緒だったんだから・・・。

まぜこぜの社会。

一人一人の笑顔を、
皆が思いやれる社会が、
誰にとっても幸せなんじゃないかと、
思います。

鎌倉からバリアフリービーチ、
全国に広がりますように。





[PR]
by fonte22 | 2017-04-26 03:01 | イベント | Comments(0)