鎌倉fonteの日常

fonte2011.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

自然農法5年目の冬作業

寒さを利用して、病害虫駆除する伝統作業、
寒おこし
f0357044_07440865.jpg
スコップで、ざくざく土を起こして、
中まで霜に当てます。
主に野菜の畝間。
野菜の畝は、春にはマルチを張り、
今度は、熱を利用して、害虫駆除。
まだまだ、虫の害が多く、昨年秋から、今年の夏は、
真剣に害虫を減らすことの挑戦します。
f0357044_07495583.jpg
一方、五年、一度も耕していないハーブの畝
土はふかふか、
f0357044_07502343.jpg
ハーブも毎年より元気です。
野菜もこうならいいのですが。
野菜自体がひ弱な遺伝子になっているし、
自然農法に適応して力強く育つ物は少ないですね。
頑張って種取りして、
種から、変われ❗っていう途中。
まだまだ、試行錯誤です。
五年目のエンドウ豆は、順調です。
f0357044_07574324.jpg
4月、メニューに載る予定です✨

[PR]
by fonte22 | 2017-01-26 07:41 | 自然農法 | Comments(0)

鎌倉フォンテのおうちご飯

イタリアのママのレシピから、
野菜のタルトを作りました。
f0357044_08144669.jpg
中身は、
f0357044_08151570.jpg
玉ねぎを炒め、他の野菜は、一度茹でて細かく刻み、
加えて炒め、塩とナツメグで調味します。

f0357044_11372395.jpg
イタリアのママ達は、野菜のおかずの残りをリメイクする方法のひとつ。難しく考えなくていいみたいですよ🎵
f0357044_08164811.jpg
玉ねぎとホウレン草とブロッコリーに蕪の葉っぱのソテーと、
リコッタチーズです。
リコッタチーズは、カッテージチーズでもいいし、
家でも、簡単に作れます。
牛乳一リットルに、
無糖ヨーグルト450~500cc
イタリアのレシピは、ヨーグルト200ccですが、日本の市販の牛乳やヨーグルトでは、美味しく出来ません。
お風呂位に温めた牛乳にヨーグルトを入れて
夏はそのまま、2時間
冬はお湯をはったボールに鍋ごと入れて一晩、おきます。
その鍋を火にかけ、木のへらでかき混ぜ、沸騰前、80℃で、
ガーゼを敷いたボールにあけます。
そのまま放置して脱水すると
しっとり美味しいリコッタチーズが出来ます。
f0357044_08171659.jpg
そのまま、我が家の畑のハーブソルトと
美味しいオリーブオイルで食べても美味でした。
f0357044_08142929.jpg
生地は、
薄力粉350グラム
オリーブ油70グラム
塩小さじ1
を混ぜ、
水を120cc
加えざっと混ぜて
ひとかたまりにして、
ラップして一晩寝かせたものです。
イタリアのマンマのレシピを再現する時、
小麦粉に入れる水分量を10%減らすのが、ポイントです。
日本の水、日本の空気と
イタリアでは、違うので。
レシピの量も、だいたい二倍😆
今回も、小さいパイ皿に2台出来ました‼
一台は焼いてから、冷凍しました。

タルト型に生地を仕込み、
中身を作っている間、生地は冷蔵庫で寝かせます。
後は、中身を詰めて上から生地を被せて、
180℃に温めたオーブンで30分焼きました。

今回は、フォルテ畑の蕪の葉っぱ、我が師匠オステリアジョイアの飯田さんから頂いた露地栽培のブロッコリー、父の有機栽培畑のホウレン草が入り、我ながら幸せいっぱい詰めたパイに成りました✨

春には、畑のアーティチョークを詰めて作ってみよう🎵
野菜は、個性があるほうが、美味しく出来ます。
無農薬の野菜なら、大根の葉っぱでも、カリフラワーやブロッコリーの葉っぱでも、
チーズも、冷蔵庫に余りがあれば、細かく混ぜて何でもあり。
リコッタチーズを使わないときは、つなぎで、卵を入れても。
家庭の味です。

鎌倉フォルテのおうちごはんは、
食の安全を諦めない食卓をテーマに書いています。
自然食やオーガニックのお金がかかるイメージ強いですよね。
そうじゃなく❗と言う家庭できるチャレンジです。
宜しくお願いしますm(_ _)m



[PR]
by fonte22 | 2017-01-25 08:17 | Comments(0)

フォンテ店6年、自然栽培畑5年

f0357044_13255242.jpg
年明け早くも13日。
子ども達の冬休みも終わり、
久しぶりのブログ更新ですm(_ _)m
今年も、毎日の日常を大切に営業して行きます。
宜しくお願いします。
f0357044_13262142.jpg
12月初旬に株分けした
レモンタイム、アーティチョーク、元気に根付きました✨
f0357044_13264835.jpg
自然栽培農家さんにアドバイス頂き、
腐葉土を仕込みました。
肥料を使わない自然栽培ですが、
野菜は、栽培サイクルが短いので、腐葉土は入れているという話。
畑で出た草や野菜のゴミを完熟堆肥にして、
又は、乾かし燃やして灰にした物を混ぜて、畝を作るということ。
家庭菜園の規模だと、草や野菜ゴミが少ないので、
市役所の剪定ゴミを堆肥にした物で代用していました。
その結果を相談すると、
剪定ゴミ堆肥が、完熟していない可能性があるらしく、
改めて堆肥作りです。
材料は、
市役所の剪定ゴミ堆肥、
畑の土、
米糠。
混ぜ混ぜして、熱を持たなくなるまで寝かせます。
春に、夏野菜を植える時に、
使えたらいいな。
f0357044_13271312.jpg
明日から、大寒波が来るとの予報。
エンドウ豆にマフラー☀
毎年、沢山実るエンドウ豆は、自家採種5年目。
マフラーは、毎年、ワイルドルッコラの枯れ草で。
コンパニオンプランツで相性が良く、
春には、
下、ワイルドルッコラ
上、エンドウ豆になります。

楽しく畑作業しましたが、
冷えきりました。
皆さんもどうか温かくして、お過ごしください。

センター試験、懐かしい。
早々に上海留学を決めて、
受験ボイコットの高校三年生でした。
寒かったな。



[PR]
by fonte22 | 2017-01-13 13:25 | 日記・エッセイ・コラム | Comments(0)