鎌倉fonteの日常

fonte2011.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

おかげさまで5周年です。

この10月28日で、店は5周年を迎えました。
地域の皆さんに支えて頂いて迎えられた五周年。
心から感謝します。
f0357044_16080031.jpg
また、夫婦も五周年です。
本当に、いろんなことがありました。
初めて授った我が子の検診で癌だと言われました。
病気を抱えながら、長女を無事出産。
その後、病気も克服して、二人目も無事出産。
今では、4歳、1才の娘がいて、
毎日、賑やかで楽しいです。
いつも店は休まず、日々向上をと、
走り続けてきた五年。
主人が一人で切り盛りすることが多い店を
支えてくれたのは、
地元のお客様です。
お店も、子育ても日々応援してくれています。
重ねて心から心から感謝いたします。

2011年、震災のあった年にスタートしたフォンテ。
個人店だから出来るマイナーな取り組みをいくつも重ねてきました。
店の入れ替わりの激しい鎌倉
モデルチェンジモデルチェンジの消費社会において、
5年は長いように感じます。
でも、私たちの取り組みは、まだまだこれからです。
自然栽培のチャレンジしてきた畑も、
3年目からようやく、
畑に生える草の種類が変わってきて、
4年目にやっと、
野菜が収穫できるようになりました。
5年目、野菜や、ハーブの味が、はっきりと変わってきました。
今年からようやく、料理に使ったり、
ハーブティーやハーブソルトとして販売したりできるようになりました。
毎年、三年目以降、春はハーブの花盛りになります。
そして、自然栽培畑がだんだんよくなるいくつもの変化が確認できるのも春。

六年目はどんな春になるか今から楽しみです。

美味しいワインが、何十年も受け継いだ畑から、
収穫したブドウで仕込み
何年もかけてリリースするように、
これからも、じっくりコツコツ日々を積み重ねて、
より、お客様が、身体も心も元気になる、
いずみ・・イタリア語でフォンテ・・になれるように、
あーなんだか力湧いてきた‼って
お客様に言って頂けるように
家族力を合わせて頑張ります。

どうぞこれからも、
フォンテを宜しくお願いします。



[PR]
by fonte22 | 2016-10-31 15:47 | 日記・エッセイ・コラム | Comments(0)

地産地消

f0357044_09400370.jpg
かなさんの畑と言う、神奈川県のページにサポート店として紹介されました!
kanasan-no-hatake.jp

地産地消、
地元の食材を食べる。
そんな当たり前が、
キャッチフレーズになり、久しい。
当店は、オープン以来、ずっと、
身近な自然の恵みを料理してきた。
鎌倉、県内の季節の食材でを日々、探して、マイナーだけど美味しいものも、メニューにしてきた。
今、日本のイタリアンの主流は、お客様のために、全国の、全世界の、美味しいものを探して、料理する店。
後者の方が、頑張ってる?すごい?美味しい?
と、比べることなかれ。
マイノリティで、いい。
自分たちらしく、
今日も身近な自然をみつめて
一生懸命料理する。
心からホッとして、
体が元気になる料理、
作っています。
f0357044_10063363.jpg
畑も。
土を忘れた料理、
したくないから、
不器用ながらやっています。


[PR]
by fonte22 | 2016-10-08 09:39 | 日記・エッセイ・コラム | Comments(0)

腐らないレモン

f0357044_14252558.jpg
3年は経ってます。
奇蹟のリンゴと言う本で有名になった
(本も自然栽培もご存知のない方へ、木村さんのホームページです。)
http://www.akinorikimura.net/
木村秋則さんの自然栽培のリンゴは、
また、自然栽培の野菜が、腐らずに枯れていく
と言うのを読んで、ホントかな~と思ったり、
試してみたいけど、腐ったらヤダしと試したことのない人は沢山いると思います。
今は、店に飾っているこのレモン。
自然栽培を20年以上されている方のレモンで、
本当に枯れてカチカチ
もう何度も梅雨や湿度の高い日々を過ぎ、なお腐りません。

今ちょうど、次の収穫までこの自然栽培レモンが手に入りません。
でも、このレモンでオープン以来ずっと料理しています。
もう少し、心待ちにしたいと思います。
f0357044_15381896.jpg
本当に美味しい季節になってレモンが届いたら、
リモンチェッロやジャムを仕込みます。
メニューにもタルトにパスタにリゾットに~登場します。
f0357044_15391951.jpg
お楽しみに!









[PR]
by fonte22 | 2016-10-06 15:44 | 自然栽培 | Comments(0)