鎌倉fonteの日常

fonte2011.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 06月 ( 35 )   > この月の画像一覧

アーテイチョーク届く

f0357044_09523019.jpg
父の有機栽培畑より。
アーテイチョーク届来ました!
蕾の芯を食べるイタリア野菜です。
f0357044_09525295.jpg
fonte畑のアーテイチョークは花がさきました!




[PR]
by fonte22 | 2016-06-26 09:55 | 料理、メニュー | Comments(0)

新ニンニク

f0357044_09523602.jpg
父の有機栽培ニンニクが
収穫の時期を迎えました。
デイナータイムには、
アーテイチョークも届きますので是非食べに来て下さい♪
f0357044_21594857.jpg
アーテイチョークです✨



[PR]
by fonte22 | 2016-06-25 09:57 | オーガニック食材 | Comments(0)

鎌倉fonteのおうちごはん

梅雨時期に美味しく乾物食べちゃおうメニューです。
f0357044_13030220.jpg
肉じゃがの肉を桜エビに。
味付けも、
ニンニク、塩、ごま油で
煮るだけです。
フォンテママ中国大学生時代に学んだ
中華煮物
簡単で美味しいですよ。
f0357044_10341566.jpg
昆布と大豆の煮もの
合わせて圧力鍋で10分
火を止めて一時間
その後、醤油と砂糖で調味するだけ。
豆料理、よくします。
子供も大好きです。

乾物大好き
簡単なのにしみじみとした
家庭料理になりますね~。




[PR]
by fonte22 | 2016-06-24 13:14 | 日記・エッセイ・コラム | Comments(0)

自家採種トマト

f0357044_21580539.jpg

自然栽培でも去年たわわに実ったミニトマト。
タネから2代目育て中。
やっと、花が咲きました。
市販の苗や種の多くが、
F1といって、
一代限り能力を発揮するように作られています。
と言うことで、だいたい自家採種しても、
親の様にはいきません。
それも、3代目、4代目になると、
環境に順応した強い子が出てきます。
時間はかかりますが、自家採種、楽しいです。
2代目なので、ひょろひょろしていますが、
親として3代目を残してくれようと咲いた花。
けなげです。

[PR]
by fonte22 | 2016-06-24 13:00 | 自然栽培 | Comments(0)

癌治ったよ!3話目

前回の本の話が途中だったので、追記です。
自分でできる癌の消し方の本を友人から沢山プレゼントしてもらい、
自分でもいろいろ探しては読み、
徹底して
玄米菜食
エビオスというビール酵母を飲む
塩分をとらない
野菜ジュースを水代わりに飲む
添加物や農薬をさける
事を実践しました。

効果はあったと思います。
実際に、癌は消えて一年後に予定していた再手術をしなくてよく、
治療なしで元気に4年生きています。

もともと私の持っていた癌が、
いわゆる癌もどきで、放置しても差しさわりのないものだったかどうかは、
専門家ではないのでわかりません。

ただ、このやり方、マイナス面もあります。
私の場合は、血圧がものすごく下がりました。
因果関係は不明です。が
もともと、低めで、妊娠中だからでしょう。
と言うのが、大学病院の見解。
私が実践している食生活について意見を聞きましたが、
3人聞いて3人ともそんなやり方があるんだ~と言いましたので、
マニュアルがあるなと感じて以後聞きませんでした。
血圧が低いせいか、活力もいまいち。。
低空飛行している感じでした。
書いたほかに、漢方や栄養食品は一切やっていません。
血の成分には異常は出なくて、コレステロールが下がったりもしませんし、
鉄分欠乏にもなりませんでした。
赤ちゃんもすごく元気で、
なんと3900gで生まれてきました。
玄米菜食をすると、
小さい元気な赤ちゃんで安産。と言う通説。
元気以外は完全にこの逆を行くもので、
何事も、言われている通りではないことを、
出産を通じて痛感しました。

今は、
添加物や農薬をさける
野菜中心の食生活で、なんでも食べる。
米は5分搗きです。
減塩はくらくらするので止めました。

先日、
三好基晴先生の話で、
(ホスメック クリニック院長)

玄米については、
玄米ばかり食べていると腸にコメの外皮のもつ蝋が付着して、
かえって栄養吸収を妨げるから、7分搗きか5分搗きが良いのではないかと思っている。

行き過ぎた食事療法は、
衰弱療法。
一瞬本当に治ったように見えるが、
体自体が衰弱しているので逆の効果を生みかねない。

健康に良い食品を取るより、
健康に悪いものを食べないことが大切。
基本食品はなんでも食べていい。

自然栽培の野菜を食べれば、万病が治るんじゃなくて、
食べ物としてまっとうなだけ
ほかの野菜がひどすぎるだけ

など、興味深い話がありました。

三好先生は、医学の多くは商売医学
正当医学でみてと言う見解で病にあたられている方です。
患者自身が勉強して主体的に医療と接しないといけないし、
五感を鍛えて自分の治癒力を最大限に生かすことについても話しておられました。

私が自主的にとったガンが消える生活も、
長期戦を強いられれば衰弱療法になったかもしれません。
しかし、ガン宣告を受ければ、みんな、野菜ジュースをのむくらいの事は、
始めるわけで、
そのことを、病院でデータをとってもいいから、含めてみてもらえると良いのですが。
商売医学全盛とのこと。

良い面は、
びっくりするくらい舌が敏感になりました。
鼻もよくなりました。
成分表示にとらわれなくても、
わーすごい添加物。
まずい。
と察知するわけです。

味覚は命を守るためにある。

そこが研ぎ澄まされたこと
これは本当です。

















[PR]
by fonte22 | 2016-06-24 12:36 | 日記・エッセイ・コラム | Comments(0)

癌治ったよ!2話目

f0357044_22004973.jpg
癌が治った!
とは、絶対に言いません。
10年20年と検査でおっていきます。
これは、前回の再発検査で言われた言葉。
お医者様の言葉は、
患者に勇気を与えることよりも、
絶望の淵に追いやることの方が多いです。
気にしません!
私は治った!
子宮頸がんだったのに、
2人も無事出産した!
どうか皆さん勇気をもって生きましょう。
よく、5年生存率って出てきます。
医者は、あなたは初期だからほらこんなに生存確率が良いと言います。
でも、ガン宣告を受けた患者は、
生存率90%でも
10%も死ぬじゃないかとしか思いません。
でも、ガン末期でも、生存率は0%じゃない。
どこに自分が該当するかはわからないわけです。
だから、まったく意味のない慰めだと思います。
私は、30代でガンと言われて死を覚悟しました。
ネットで、色々な方の体験記を読みました。
初期の癌どころか、
前癌細胞だったのに、
医療機関にかかるほどに、
どんどん診断が深刻になって、
数年後には、放射線治療と抗がん剤で苦しいい闘病生活を書いている方は沢山いました。
私も、はじめは、前癌細胞の疑いから始まって
大学病院で全国的に有名な先生まで出てきてチーム皆で取り組みます!あなたは浸潤癌だと言われたときは、
終わった。と思いました。
この多くの方がブログで書いているパターンに自分がはまった!
と思い、覚悟しました。
しかも、その時、不幸にも初めての赤ちゃんをおなかに授かっていたのです。
なけなしの財産をはたいて、主人とオーガニックのイタリア料理店を始めたばかりだったのです。
自分だけじゃない死と苦労を想像して涙も出ない恐怖に襲われました。
友人が、沢山ガンが消える食生活の本を送ってくれたのに、
読む気力もありませんでした。
しかし、思いがけず、
妊娠していたおかげで、
出産を希望するならば、
本格的な手術や治療は産後にして、
そうしていいかどうかの病状の検査手術だけ産前にしましょう。
と言われたとき、
死刑判決を受けた後に、
執行猶予が付いたような、
命のボールが、
一度自分の手に帰ってきたような不思議な感覚になり、
友人が送ってくれた本をむさぼるように読みました。
最短で8か月その時治療ができない時間を与えられたのです。
その時に、患者ができることは限られていて、
一番簡単に実行できることは食事療法でした。
それから、私は徹底して
玄米菜食と
塩分をとらないこと、
水代わりに野菜ジュースをがぶがぶ飲むこと。
を実践しました。
その結果、
産後に予定していた手術、治療をする段階で、
検査したところ、
癌が一切綺麗になくなっていました。
そして、今日まで治療もせずに元気に来ています。
そのことが、どういうことだったのか、
自分の中で検証できずにきました。
先日、三好先生の講習を受けて、
自分に語れる体験談は公表して皆さんのお役にたちたいと
強く思って
癌なおったよ!
を何回かに分けて、
続けて書きたいと思ったのです。
なにより、明るい情報を!

私もまた医師の言葉のように
再発するかもしれません。
でも、自分の命信じて、
一日一日悔いのない毎日を生きましょう!
と、癌で死刑宣告を受けた気持ちの人みんなに言いたい。
のです。








[PR]
by fonte22 | 2016-06-22 22:50 | 日記・エッセイ・コラム | Comments(0)

自然栽培フォンテ畑

f0357044_21594857.jpg
今年もイタリア野菜アーティーチョークの花が咲きました。
2メートルの大きさ
つぼみは5月に美味しく料理させていただきました。
f0357044_21592852.jpg
花は、芸術家の先生にモデルとして旅立ちます。
小さい花は、来年のタネを生んでくれます。
今年もありがとう。
肥料を与えない自然栽培。
言葉は惜しみなく感謝を
自然栽培の農家さんに教えてもらった姿勢。
f0357044_21590160.jpg
ハーブも昔は花をつけると香りが悪くなるとか
株が弱って可食部分が減るとか言って
せっせと花を摘んでいた。
それもやめて、
今は春から順に花盛り。
今はフェンネルとイタリアンパセリとルッコラ。
料理に散らすハーブだって一年中同じじゃなくていいじゃない?
が、フォンテ流です。
f0357044_21583410.jpg
自然の畑の割に、
枝豆の葉の色が濃いです。
それはカメムシに好かれるはずです。
もうカメムシ取りもやめた!
って昨日の講習で思いました。
虫は発生すべくして発生してバランスを取ってくれているわけです。
お客様
枝豆が口に入らなくてもごめんなさい。
今の畑の実力を
人間の力でねじ伏せない。
そう、思うのです。




[PR]
by fonte22 | 2016-06-22 22:14 | 自然栽培 | Comments(0)

衣・食・住 自然界と調和した暮らしの哲学入門に参加!

鎌倉路地フェスタの仲間で建築家、
気楽なたてものやの日高さんが行っている
自然界と調和した暮らし講座へ参加するため
葉山にあるイタリアンレストラン 
ピスカリアに行ってきました。

ピスカリアさんは、日高さんが手がけたとても素敵な建物。
この日は、晴れて蒸し暑かったのですが、外気熱を感じさせず、
小さな空調で、満席の会場は心地よく、
やっぱり建物大事だな~
と実感。
生後7か月の娘と一緒の参加だったため、
最後の日高さんの話だけ聞けずに帰ってきました。
残念でしたが、食、医のところだけでも参加できてよかったです。
日ごろ、当店が奮闘していることを整理して考えるきっかけになりました。

オーガニックのイタリア料理屋として、4年。
フォンテは、自然栽培に挑戦し、
価格の高い原材料を使って、食の安全、食べた時の心の充実感、
を大切に営業してきました。
はっきり言って、
こんなことを誰もやらないのは大変だからです。
飲食店をやりながら畑をやること自体大変なのに、
より手のかかる自然栽培に取り組むのははっきり言って頭がおかしいレベル。
(自然栽培を放置農と思っている方は、誤解です。畑が自然になれば、楽になりますが、
そこに行くまでは、自然と調和した環境つくりに大変苦慮します。)
でも、自然栽培で収穫を生めるようになってきた!のです。
今、畑も店も、自然栽培の農地のように、少しずつ成熟し、安定し、面白いことになってきた矢先。
河名さんのわかりやすく整理された自然栽培の魅力についてのお話で、
私と主人の奮闘の4年がすとんと心に降りてきて、
あーこれからも、頑張ろうと、
勇気をもらいました。

食の話:河名秀朗
    ナチュラルハーモニー代表
    www.naturalharmony.co.jp/
f0357044_22010980.jpg
    自然栽培とは何か、
    自然と調和した生き方とは
    を、非常に分かりやすく話してくださりました。
    
医の話:三好基晴
    ホスメック·クリニック院長
    会場に笑いの絶えない先生の率直な話。
    頭で食べないで五感を鍛えて五感を信じて楽しく食べるのが一番いい。
    グルテンフリーが本当によかったら欧米人は今まで生きてきていない。
    玄米ばっかり食べれば健康になるかと言うと大ウソ
    酵素ジュースの酵素、水素水、発芽玄米、ぜーんぶ意味がない
    自然栽培の食べ物は薬じゃなくて、本来の食べものなだけ。
    医学の世界は経済優先、患者はお客さん、の商売医学!
    等々、目からうろこの発言連発で会場を沸かせていました。
    五感を鍛えて自分の健康を守る。
    体に良いものを食べるより、
    体に悪いものを食べない。
    とにかく、商売医学のお客さんにならないように、
    本もいっぱいあるから読んで勉強して!との事。(笑)
    私が体験したガンについても・・・
    体感でこれが良かったこれがだめだったと感じたこと先生がズバリ説明されていました。
    これは、癌なおったよ!のブログで私の感想と体験を書きたいと思います。
    
住の話:日高保
    きらくなたてものや代表
    http://www.kirakunat.com/index.html
    残念!娘の限界を感じ辞退して聞けませんでした。
    日高さんは、
    3.11震災以降、
    鎌倉エネルギーカフェを継続してやっています。
    私も第一回参加以降、店の営業の関係で行けませんが、
    機会がありましたら是非参加してください!
     https://www.facebook.com/kamakura.energycafe





[PR]
by fonte22 | 2016-06-21 14:14 | 日記・エッセイ・コラム | Comments(0)

鎌倉静かに見れる紫陽花

荏柄天神参道の紫陽花とても綺麗です。
f0357044_11212414.jpg
f0357044_11205680.jpg
参道はだれーもいません。(笑)
この時期は、長谷寺と、
北鎌倉の明月院に皆さん向かいます。
と言うことですが、あじさいは鎌倉中にあります~
金沢街道沿いは、
静かに楽しみたい方にお勧めです。
f0357044_11194892.jpg
参道から旧岐れ路へ
f0357044_11191947.jpg
現在の別れ道より、数件先にひっそりと
歴史ある本当の岐れ路があります。
f0357044_11201818.jpg
そして、この一件先は
trattoria FONTE
です!(笑)

f0357044_11323211.jpg






美しいあじさい&6月のイメージショットを撮ってみた!
[PR]
by fonte22 | 2016-06-18 11:30 | 日記・エッセイ・コラム | Comments(0)

檸檬の花



店の前の檸檬の花です。
小田原のレモン畑は綺麗だろうなー。
f0357044_08185872.jpg
自然栽培のレモンタルト
焼いています。


[PR]
by fonte22 | 2016-06-18 08:20 | 日記・エッセイ・コラム | Comments(0)