鎌倉fonteの日常

fonte2011.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日記・エッセイ・コラム( 66 )

湘南石鹸さん、石鹸の地産地消

f0357044_06092721.jpg
石鹸で地産地消を目指す湘南石鹸さんと知り合い、
肌に優しい石鹸と、
地域の素材を生かす取り組みについて話を聞きました。
鎌倉の塩を使った石鹸は、皮膚病で、つらい方でも、使えるように考えられています。
他、葉山温泉石鹸、ベビー石鹸などなど、
f0357044_06181726.jpg
肌の弱い我が家。
さっそく使わせて頂きました。
きめ細かい泡で優しく、ツルツルです(*^^*)

消費地から離れた生産者の方もいて、
地産地消が全てではありません。
しかし、自分の住んでる地域のつながりがしっかりしている事はとても大切です。
一人では、何も出来ませんから。

お話して、フォンテ畑のハーブで石鹸を作って欲しいな✨
だけじゃなく、もっと大きな鎌倉の資源を活かしたプロジェクトを
(まだ秘密(*^^*))
話し合いました。

新しい出会いに感謝。


[PR]
by fonte22 | 2017-11-01 06:08 | 日記・エッセイ・コラム | Comments(0)

映画「0円キッチン」~自分に何ができるか。

先日、フードロスを取り上げた映画
0円キッチン
f0357044_07593096.jpg
を見ました。
食の安全と地産地消に特化してきた当店、
食の世界も学べば学ぶほど、経済優先社会のひずみがあらわになる世界。
この映画も、とても感慨深く見ました。
多くの日本人にも見てほしい映画です。

では、見た後に、自分には何ができるかを考えます。
実際に小さなことから試してみます。
f0357044_07534990.jpg
今回は、台風と急な低温で収穫を断念した畑のトマトでジャムを作ってみました。
台風で大量に実が落ちたとはいえ、
5株でバケツ2杯近い実が採れました。
f0357044_07543589.jpg
もちろん、青いものがほとんど。
f0357044_07550700.jpg
f0357044_07553699.jpg
作ってみると、アクが沢山出ます。
苦くて食べられないかと諦めつつ、アクをとり続けると、清んだ色になってきました。
食べてみると美味しい!
ここからは、料理屋だから丁寧に。
一日寝かせて味を安定させます。
f0357044_07562058.jpg
冷めた状態で味を見て、砂糖を調節。
レモン汁で酸味を調節。
裏ごしするか迷いましたが、
自然農で肥料もなくたくましく育った種にはきっとパワーが宿っていると思い、
繊維が気にならない程度にミキサーにかけて、
再びアクを取りながら煮詰めていきます。
f0357044_08002121.jpg
とても美味しいジャムになりました。

最近、未熟な果実や野菜、
青ミカンや間引き菜で出回ったりもします。

でもここにも一つ問題があると思います。
若い時ほど、病害虫が付くので、農薬をかけます。
正式に出荷する時は、出荷何日前までに最後の農薬散布と残留農薬が無いように計算されていますが、
間引き菜や、摘果の果実は散布のさなかのものになります。

安全な農業と、その農産物を無駄なく生かす。
このことはセットじゃないと危険だと思います。

近く、この映画の日本版と撮影するそうです。
厳しいだろうな~と思います。

日本ほど、食べること(国民の健康)も
農業(安全な農業は自然災害や破壊からを守ること)も
食糧自給率を高めて餓えないようにする事、
(輸入食糧の供給が、ストップする可能性はゼロじゃない)
経済優先の論理に流されている先進国は無いんじゃないかと思います。
食べることまで政治と経済に支配されて、
こう書くことの言論の自由も危うくなってきている
のではないかな~
と思いつつ、ジャムぐつぐつ煮ていました。(笑)

私は何ができるかな?
美味しいものを作ること。。
美味しいってこと一つとっても、とてもとても深いけど、
チャレンジチャレンジ!
f0357044_13474073.jpg
青トマトジャムを使ったタルト




[PR]
by fonte22 | 2017-10-30 08:10 | 日記・エッセイ・コラム | Comments(0)

鎌倉fonteのおうちごはん

f0357044_07545868.jpg
一日用事でで出かけて帰りが夕飯の時間になって、
ただいまーと家に入った途端にママーと飛び出してくる子供たち。
あれ?いい匂いする。
そう!父ちゃんとピザ焼いているの!
f0357044_07552463.jpg
サラダとハンバーグも作ったの!
と、もうすぐ5歳の長女。
f0357044_07554942.jpg
たんも(自分の事)やったー!
ともうすぐ2歳。
f0357044_07560700.jpg
f0357044_07563088.jpg
作ってくれたもの。
f0357044_07504247.jpg
鎌倉の野菜やフォンテ畑のトマトでカプレーゼ風。
ジージの畑の野菜ピッツァ
ポルペットーネ(イタリア式ハンバーグ)野菜とオーブン焼き
f0357044_07514110.jpg

ついこの間まで、お留守番だけで精いっぱいだった子供たち。
成長したなー
f0357044_07511337.jpg

店を初めてもうすぐ6年。
娘たちをおんぶして働いてきた日々がもう懐かしい。

シェフである父ちゃんに習って、
一生懸命イタリア料理に取り組む二人のスマホ画像をみながら、
ピザをほうばれば、涙がこぼれて、
f0357044_07584131.jpg
f0357044_07591559.jpg
二人の食べっぷり!に笑いながら
心から幸せを感じました。
f0357044_07573853.jpg
ごちそうさま



[PR]
by fonte22 | 2017-10-11 08:00 | 日記・エッセイ・コラム | Comments(0)

アタマシラミになっちゃった!らのハーブ術

子供が保育園でアタマシラミをもらってきてしまいました。
虱潰し!と言うくらい徹底するようにとの対策の書かれた用紙をもらい、
専用シャンプーの使用を勧められました。

が、この専用シャンプー
肌の弱い我が家には刺激が強く一回で参ってしまいました。
さらに、川の字で寝ている我が家が家族4人で3回~4回をまじめにやると、
シャンプー代だけで9千円~1万2千円です。登園して、皆さんに移さないために一度は使用したものの、
後は、どうにか刺激が少ない方法で治せないかと思い、
ハーツイーズの新井さんに相談。
割とよくある質問の様で、対策は手慣れたものでした。

f0357044_08122929.jpg
予防には、グローブウォーター
f0357044_08124877.jpg
ペニロイヤルミントは、
ワンちゃんにも使えるシラミ、ダニ避け
f0357044_08113582.jpg
他に有効なハーブを畑から収穫。
f0357044_08120986.jpg
ペニロイヤルミント、セージ、ローズマリー、タイムをビネガーに漬けます。
翌日より、シャンプー後のリンスにします。
洗面器に大さじ1入れてお湯で薄めて髪を浸し、
そのまま乾かします。
シャンプーも一工夫。
f0357044_08130941.jpg
精油のブレンドを作って頂き、
いつものシャンプーへ、4滴垂らして使います。

他に、必ず行うことは、
シラミは熱に弱いので、
髪はドライヤーでよく乾かすこと、
洗濯物は、全て、70度のお湯に漬けた後にする。
寝具は乾燥機をかける。
を毎日。

何より、シラミ潰し❗に髪に卵が着いていないかチェック。

大変でした。

同じ大変なら、ハーブのよい香りで気持ち良い方法でと考えて、取り組みました。
結果、肌も、髪も、1才10ヵ月の次女~大人まで荒れずに取り組め、
無事に終息しました🎵

お金の面でも、スミスリンシャンプーの半分以下で済みました。

市販のハーブ商品でも、ナチュラルケアグッズが販売されているのですが、
ハーツイーズでは、事情により、必要な分だけ、
調合して販売してくださいます。

f0357044_13511795.jpg


[PR]
by fonte22 | 2017-10-06 08:38 | 日記・エッセイ・コラム | Comments(0)

鎌倉フォンテのおうちご飯

ピザに使ったトマトソースの作り方です✨
f0357044_12471057.jpg
トマトは、ひなたに置いてギリギリまで完熟にします。
写真は、大6個
f0357044_12473413.jpg
鍋に、オリーブオイル大さじ1、ニンニク一かけを熱します。
辛いのが好きな人は、鷹の爪を少し。
ざく切りのトマトを入れたら、
塩小さじ1をいれ、バジルをいれ、強火。
f0357044_12480232.jpg
時々、木べらで混ぜて、
10分位でトマトの水分で写真のようになります。
ここからは、焦がさないように、混ぜながら5分位加熱。
トマトの皮が嫌な人は、ここで浮いてくるので簡単に取り除けます。
水っぽさがなくなって、美味しいところで、出来上がり❗

f0357044_12483137.jpg
茹でたペンネを入れて絡めただけで✨
f0357044_12490338.jpg
とても美味しいです。

家庭菜園でトマトが沢山採れたらぜひ🍅
ポイントは、トマトは、割れないうちに採り、
室内のひなたで追熟。
冷蔵庫に入れてはいけません❗

家庭菜園をやると分かりますが、
雨の多い日本では、大玉トマトは、赤くなるとすぐ割れてしまいます。
完熟で収穫するために、雨避けやハウスにして、いかに農家さんが努力しているかわかります。

でも、この方法で、少なくとも、スーパーのトマト缶より、
すごく美味しいトマトソースが出来ます✨

長期保存する時
清潔なビンに満タンに入れてきちっと蓋をします。
大きく深い鍋にビンを並べてビンが浮かないようにタオルを被せ、
ビンが沈む量の水を張り、鍋蓋をして火にかけ、沸騰したら弱火で15分。
火を止めて、冷めるまで、放置。

きちっと真空になれば、
常温で冬まで美味しいです。







[PR]
by fonte22 | 2017-08-15 08:29 | 日記・エッセイ・コラム | Comments(0)

鎌倉フォンテのおうちご飯

f0357044_07503004.jpg
今日は、シェフは父親として子供たちとピザ作り
コック修行は、ナポリのあるカンパーニャ州。
クワトロパッシ
http://www.ristorantequattropassi.it/en/quattro-passi-restaurant/

f0357044_07510262.jpg
期待感いっぱいです😆🎵🎵
f0357044_07514475.jpg
4才長女、生地作りに奮闘
f0357044_07521775.jpg
次女一才9ヶ月ペタペタ
f0357044_07525398.jpg
真剣にやらないと美味しくならないよと、
父ちゃんに代わると、
リズミカルに生地がどんどんまとまって。
休ませ、又、伸ばして
f0357044_07532305.jpg
ママの作ったトマトソースを広げ
だんだんピザらしくなってくると、
子供たちも真剣。
f0357044_07534960.jpg
チーズを三種類のせ、
f0357044_07541399.jpg
畑のバジル、オリーブオイルをのせ、

f0357044_07543631.jpg
15分😋
f0357044_07551543.jpg
美味し~✨連発
f0357044_07553964.jpg
みんなでペロリ。
生地を寝かせて又作業しての時は、
パンって大変と飽き気味でした。
美味しいものを作るって時間がかかるんだよ。
と、言うと、
パン屋さんは、初めからいっぱいあるじゃん、
(近所のベルグフェルドさん大好きの娘)
と、言うので、
あのパンは、お店が始まる前に、朝早くから、
こうして時間をかけて焼いているよ
と、伝えると、
目を丸くしてびっくりしてました。

この日は、
店のイタリア式カツレツと、
じーじの有機栽培畑のトマトサラダ。

美味しいって他に何もいらない。
幸せな気持ちになりますね~✨






[PR]
by fonte22 | 2017-08-15 07:49 | 日記・エッセイ・コラム | Comments(0)

平和を願う

母になって初めて
戦争って何?と4歳の長女に聞かれました。

今日、長崎に原爆が投下された日が間もなく終わろうとしています。

母になって私は、
世界で止むことのない戦争のニュースや貧困のニュース、
殺人事件のニュース、
子供に見せないようにしてきました。
そして自分も、出来れば見たくないと思うのでした。
本能的なものでしょうか?

でもそれじゃダメなんですよね。
長女の質問に、困難でも、自分なりの希望をもってこの問題に取り組みたいし、
平和を実現するためにできることを探る姿を娘に見せなければならないと思いました。

自分が携わっている、食の安全もすこぶる危機的状況ですが、
平和もまた、危機的状況に感じます。

長崎の原爆では、祖母のお姉さんが死んでいます。
戦後50周年の時、母と私と祖母で、祖母が願い続けていた長崎の原爆投下の日の慰霊式典に参列しました。
秋田の地元で結婚し、数か月で旦那さんの会社の転勤で長崎に転居し、
1ヶ月後の悲劇でした。

長崎の原爆投下以降、明確な情報もないまま心配している妹(私の祖母)と母親のところに、
風呂敷にくるんだドクロをもって婿さんが泣いて報告をしに来て、
二人で腰を抜かしたと言っていました。
婿殿の話では、
出社しようと家を出た瞬間に爆弾で社宅がぺちゃんこに。
外で奇跡的に助かった婿殿がぺちゃんこの社宅から妻を引きだした時にはもう命はなく、
見渡す限りの景色が変わり、ただ事ではないと感じながら、
社宅を解体して妻を送ろうと燃やすも、火力が足りなくて頭しか骨にできなかった。
と真っ黒なドクロを涙ながらにすみません!!と風呂敷から出してきたと言う話でした。

娘がそんな死を遂げたと知ったあと、続いて夫と息子の戦死の手紙が届き、
祖母と祖母の母は、一月以上会話のない生活を送ったと言います。

孫の私にとっては、
いつも明るくて、
太っていて、料理が上手で、
秋田に遊びに行くと、
3食、おやつ、手作りしてくれる祖母の姿しか見てきませんでした。

50年たって、長崎に行きたい、自分が生きている間に行きたいと言って参加した慰霊祭。
暑い暑い長崎の炎天下の下で、ずっとずっと黙祷を続ける姿と、
その後、タクシーでお姉さんが住んでいて亡くなった社宅後を昔の住所から探し出し、
その場に立ち尽くして泣く姿は、家族にとって50年たっても癒えない、傷をまざまざとみて、
高校生だった私は、初めて戦争をリアルに感じたのでした。

平和があってこそ、
です。

核兵器をなくす運動を続けてきた日本人女性のドキュメンタリー

明日世界が終わるとしても「核なき世界へ ことばを探す サーロー節子」
http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2017-08-12&ch=11&eid=02812&f=4231
ちゃんと見たいと思っています。
二度と、核による悲劇がおきませんように。









[PR]
by fonte22 | 2017-08-09 23:20 | 日記・エッセイ・コラム | Comments(0)

鎌倉フォンテのおうちご飯

久しぶりに雨が降り、気温も過ごしやすい鎌倉です。
久しぶりに、フォンテのおうちごはん!(笑)
子供たち大好き、夏のミネストローネです。
f0357044_13241093.jpg
父の有機栽培畑の完熟トマトをザクザク切って、
フライパンにオリーブオイルとニンニクとバジルと塩一つまみ、
強火でぐつぐつ・・
トマトのの水分だけで煮えていきます。
f0357044_13244688.jpg
もう一つの鍋で、ざく切りにした夏野菜をオリーブオイルとニンニクと塩で炒めます。
本日は、父の有機栽培畑の赤玉葱、茄子、トウモロコシ、
まるしん農園(大磯)さんのズッキー、
フォンテ畑のししとう。
f0357044_13251419.jpg
良く炒められたら、大鍋に全部入れて、
ペンネ(パスタなんでもよし)とローリエ、水たっぷり、塩、胡椒で味を薄めに決めて
間違っても、スープの素は入れずに!
20分ぐつぐつ・・・
お皿に盛って出来上がり!
(食べるのに必死で写真なし!)
子供はこのまま、もりもり。
大人は、自分の好きなように、塩、オリーブオイル、チーズをかけて。
f0357044_13264544.jpg
今日は、先日のイベントでおススメいただいたプーリアのオイル!
南らしい青々と力強い美味しさ。
子供は、プーリア流にトマトをつぶして、オイルをかけて、塩パラりでパンをいくつも食べました。
f0357044_13261985.jpg
自然農法フォンテ畑、周りの畑よりいつもながら遅れて、
収穫が始まりました!
トマトの時期!皆さんも満喫してね~。





[PR]
by fonte22 | 2017-07-26 13:45 | 日記・エッセイ・コラム | Comments(0)

湘南発ヘルシーイベントに行って来ました。

f0357044_10575692.jpg
たまたま手にしたこちらの雑誌がご縁で、
材木座テラスでのイベントに行って来ました。
f0357044_14260139.jpg
湘南から、女性のナチュラルライフや美を発信しよう✨と、言うコンセプトに共感。
https://www.facebook.com/events/148030032434453/?ti=cl
f0357044_14251600.jpg
鎌倉に住んでいても、週末の夏の海を眺めるのはいつ以来だろう。
f0357044_14254215.jpg
主催者の田熊ゆいさんに丁寧に案内して頂き感謝感激。
田熊ゆいさん、モデルさんとはいえ、
二人の子供の母‼美しさにびっくり。後ろ姿スミマセン。
写真は、波動を呼ぶクリスタルを鳴らしています。
その波動水で入れたオーガニックハーブティーを頂きました。
美味しかった✨
いつものfonteハーブティーもより丁寧に淹れます✨

f0357044_14242815.jpg
賑やか
f0357044_14244911.jpg
カラー診断あり、エステあり、オーガニックコスメあり、
f0357044_14234304.jpg
お勧め頂いたオリーブオイルは夕食で、パンやトマトにつけて食べました✨子供たちももりもり。
f0357044_14231373.jpg
ホーリーバジルと、オーガニックアーモンドの製品を販売していた方は、自然農法の第一人者川口さんの赤目塾の出身者。
ローマにも15年お住まいだった・・等々、色々なお話楽しかったです。
ホーリーバジルが何種類もあることや、カカオ豆の美味しさにびっくりしたり、、、楽しかった。
f0357044_14224922.jpg
ジュース、カクテルバーも面白い。。


f0357044_14222453.jpg
恥ずかしながら初めてコールドプレスジュースを飲みました。

f0357044_14215690.jpg
コールドプレスジュースには苦い思い出。
私が癌と告知されたとき、真っ先にコールドプレスジュースのマシーンを買って、
ジュース療法がしたかった。
健康効果はかなり高いと思います。
でも、マシーンがめちゃくちゃ高額。。
泣く泣く断念したものです。
ジュースについて、いろいろ伺うと、食べるのハーブ学を追及していて、
ジュースに必ずハーブを使うとの事。
使う野菜や、果物は、地のものを使うとの事。
共感。。
そして、自然農法で育てているフォンテ畑のハーブで絞ってもらえるか相談。

一般営業では難しくても、
今後、ハーブ講座など、イベント用に絞ってもらうことをいろいろ考えています。
ワクワク

f0357044_14212504.jpg
循環型農業に取り組む若い女子発見!
いろいろ話しているうち、自信作です!と黒豆枝豆をプレゼントしてくれました。

f0357044_14210410.jpg
とても美味しかった。

f0357044_14201244.jpg
もともと代々ミカン農家さん。
ミカンも楽しみだし、
何より大変な農業を若くして循環型農法にチャレンジされている農家さん
応援して、うちも学ばせていただきたい。
f0357044_14240654.jpg
アパレルも沢山!
この分野、噛み砕いて紹介する能力がなくてスミマセン。
シルクや麻や木綿の肌に優しいものいっぱい。
私が気になっている布ナプキンも沢山。
また、女性の性を
子宮を大切にしよう!
と言う、グッツ沢山。

自然が好きだから湘南地域に住むことを決めた方が多いと思います。
そういった視点から・・・発信する。
素敵なイベントでしたし、
自分のハーブ達も、
フォンテの料理達も、
自然を愛して、丁寧に生きる方たちに、
もっと知っていただいて、
もっと食べていただきたいと感じたフォンテママでした。

それから、
健康で美しくも諦めたらいかん!と(恥ずかしながら)




[PR]
by fonte22 | 2017-07-23 15:38 | 日記・エッセイ・コラム | Comments(0)

なりたい自分になる。なろう!

f0357044_23145500.jpg

一月以上もブログが書けませんでした。反省。
なんと言いますか、自分の容量を超える出会いがあり、
そうなってくると、店と子育てに追われる毎日に埋没して言葉が出てきませんでした。

5月の忙しい時期に、
小林麻央さんのブログを読んで、
あ、近日中に麻央さんがお亡くなりになると感じたことも言葉を遅らせました。


私は、自分のガンの経験を隠さず書いてきました。
私の場合は、幸い、もうすぐ5年再発なく過ごしています。
でも、30代前半で店を始めてすぐガンを告知され、
その時は長女の妊娠中で・・・・
その後乗り越えて元気に暮らしている幸運を前進のパワーにしてきましたが、
同世代で、同じ子持ちの麻央さんのガンの会見、海老蔵さんの会見、
これに、自分の中に眠っていた恐怖心が呼び起されて、
癌治ったよ!と言うタイトルでブログを書きました。
でもこれは、恐怖心の裏返しでした。

その後、小林麻央さんのブログが開設されて、拝読するようになり、麻央さんの死を聞いたとき、
麻央さんのすごさを、がん経験者として感じました。

海老蔵さんの会見のまま、
麻央さんが表に出てくることなく亡くなられたとしたら、
もっともっと多くのがん患者が動揺したことでしょう。

なぜなら、海老蔵さんの会見は、家族の苦労と疲労と悲しみに満ちていたからで、
当たり前の事なんですけれど、
癌と言われた当事者が一番恐れることは、家族の苦しみ、悲しみ、だからです。

その後、開設された麻央さんのブログ。
亡くなる直前まで明るく、日々の幸せを更新してくれました。
痛い、苦しい、は、いっぱいあっただろうに、
お世話されることが辛いこともあっただろうに、
子供たちのためにもっと生きたかっただろうに、
最後まで、笑顔のブログでした。

だから、訃報を聞いたとき、
病状は深刻です。との海老蔵さんの会見の時に受けたような、
恐怖心の沸き起こりは全くありませんでした。

こう感じたがん経験者はいっぱいいると思います。

本当にご冥福をお祈り申し上げます。
そして、感謝と、尊敬を。

また、小林麻央さんのブログに寄せられた沢山のコメント。
名もなき一般の人たちが、寄せた励ましの言葉の中に、
沢山のガン経験者の方の書き込みがありました。

子供が小さい時に、癌と言われ、何度も手術したけど、
粘って生きて、孫が生まれるよ。と言った書き込み。

癌と宣告されると、まるで死刑囚のような気持ちになるものです。
その後の人生。
究極を言うと癌じゃなくても明日なくなるかもしれない人生。
いつか今の人生が終わる。
当たり前の事なんですけれども。

だから、
なりたい自分になる!
小林麻央さんの言葉を借りて、
また、至らずながら、ブログ書いていきます。

自分の能力以上の出会いがあって、消化不良でも、言葉にする!努力!

なりたい自分になる!
名言ですね。


[PR]
by fonte22 | 2017-07-10 23:03 | 日記・エッセイ・コラム | Comments(0)