鎌倉fonteの日常

fonte2011.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ブログ( 37 )

子連れ応援マーク

f0357044_15403721.jpg
子育て応援店舗マーク
受けられるサービスは、店によって違います。
当店は、ベビーカーごと来店できること、
子供たちに、胸を張って勧められる安全な食事の提供を
頑張っています✨


[PR]
by fonte22 | 2017-04-07 15:39 | ブログ | Comments(0)

新しいショップカードです

f0357044_10521293.jpg
長女が描いた店の絵で、
新しいフォンテのショップカードを作りました。
みんながニコニコ笑顔です。
そんな店になるように、
今日から又頑張って行きます。

[PR]
by fonte22 | 2017-03-18 10:51 | ブログ | Comments(0)

自由が丘のワインカフェohanayaシェフへの感謝状


今日は自由が丘にあるワインカフェohanayaのシェフへの感謝状です。
http://ohanando.com/
f0357044_11384922.jpg
(写真は以前、フォンテのハーブ講座に参加してくれた時のものです)
先日(11月8日)のハーブ講座で、フォンテママがした冒頭あいさつ。
私は、もともと、畑も好き、自然に寄り添う暮らしが好き、美味しいものが好き。
お客様にも、心も体も元気になるような食を提供したいと、独立して店を始めました。
そんな時、長女を授かり、妊娠中に、癌が見つかって、今度は死に物狂いで健康になりたいとあらゆる情報を集めました。
そのほとんどが、自然派にしろ、薬や医学によるものにしろ、とにかく高額で、
お金がないと生き残れないという絶望感をいだきました。
でも、一方で、この先がどうなるにしろ、自分の命を自分の手のうちで大切に温めながら生きていきたいと思いました。
そんな私に友人が沢山本を送ってくれましたので、
それからは、自分が自分のために出来ることを一生懸命やりました。
その後、一度手術しましたが、予定していた再手術をしなくて良いほどに元気になって4年、
元気に過ごしています。
今日のこのハーブ講座を、不定期ながら続けてきたのも、
ハーツイーズの新井先生にずっと講師をお願いしているのも、
身の回りの自然から、元気になる力を頂いて、心豊かに暮らす術を、皆様と共に学びたいという気持ちからです。
使うハーブは、無農薬、無肥料で大切に育ててきた自然栽培フォンテ畑のものです。
よろしくお願いいたします。

ohanayaのシェフは第一回のハーブ講座を企画した時、
一番初めに参加すると手を挙げてくれました。
(今は無き、リストランテ ア リッチョーネで共に働いた仲ではありますが)
この時、家族経営の我が家は、
病気を抱えたまま第一子を出産したりと、難を乗り越え乗り越えまだまだパツンパツンの気持ちで、
この経験はすべてに意味がある、どうにかもっと良い店にしていきたいと祈りながら暮らしていた時期でした。
そんな中、気持ちを込めて始めた会なのに、私は上に記したような本当の気持ちや病気のことを言えませんでした。
何度か、ohanayaのシェフが私に気持ちを述べるチャンスを投げかけてくれましたが、言えませんでした。
病気に対する恐怖心が心の中にまだまだはびこっていました。
まだ小さくておとなしく会の間、自分にくっついている娘。
まだ、大人の話なんかわからないだろう、な、と思いながら、その、存在を前に言葉にできない自分がいました。

その時の事、ずーーーっと後悔していました。
そして、言葉を探しながら、ずっと生きてきました。
ありがとう
やっと、言えました。

何しろ、その会では、若返りの化粧水として有名なハンガリーウォーターを作る会でしたので、
男性なのに参加してくれて、盛り上げてくれて、本当に心が優しいひとと言うのはこういう人です。
感謝です。

他人を思いやる心を持ったシェフは、こんな時代ですからものすごく少ないです。
優しい心をもって料理したものは、食べる人の心を温めると思います。
今日は、歴史上に残る11月の雪。
寒いです。

皆さんも、ohanayaのシェフの料理を食べにぜひ行ってみてください。





[PR]
by fonte22 | 2016-11-24 11:42 | ブログ | Comments(0)

kamakura 24sekki

kamakura 24sekkiさん
天然酵母と、自然栽培の小麦粉でパンを焼いている稀有なパン屋さん。
f0357044_15291669.jpg
(うちで撮った写真)
医師の三好基晴先生より紹介されたのがきっかけで、
(パンのみならず、提供しているスープ等のメニューに、
近くの生産者の自然栽培野菜を使っている)
ずっと行きたく、今回初めて行ってきました。
素敵な店内の写真や、
パンの写真がなくてスミマセン。
f0357044_17402814.jpg
パン。
美味しかったです!!
本当に。

お店で、少しお話させていただいたとき、
今、身体の具合があまり良くなくて、今日も店を開けられるかなと思ったら、
酵母たちがもう起きていて、これは焼かねばと店を開けたところだった。
とおっしゃっていました。
そんなこと、全然感じさせない、力強い作品(パン)が、
行く種類も並んでいました。
買った後、このパンで、どんな夕食にしようかとワクワクしました。

パンを焼くのは、
気力、体力、全部使う大仕事です。
だから、作っている人が、
とても反映されると思います。

強い気持ちと、プロ意識の高い、
(天然酵母を名乗っていてもこれはパンとしてどうなんだろう?って店も多いと感じている。)
すごいパンでした。

スミマセン。
これ以上は、私の表現力が追い付かないので、
皆さんも是非食べてください。

天然酵母を使うこと、
安全な粉を使うこと、
粉の事に関しては、残念ながら、自然栽培の希少な小麦を使っていることに対する
お客様の理解があまりないとおっしゃっていました。
有機栽培・・・の方が、わーすごい!!と、反応が良く、
自然栽培?へー。
と言うことで、あんまり求められていないと。
わかります。
フォンテでも同じことが多々あります。

私は、いろんな農業のやり方があっていいと思います。
でも、自然栽培は本当に大切にした方が良い宝物のような農業のやり方です。
自然栽培の作物は、まさに、自然の恵みで、食べると体が生き生きしてくる力があります。
宗教じゃありません(笑)
ほんとうです。
そして本当は、人間が何世紀も積み重ねてきた農法です。

ここ何十年かで、
当たり前が大きく変わってしまっただけです。
f0357044_15284745.jpg
子育ても同じ。
パンを買った後、あわただしく、保育園のお迎え。
2児の母と言う私の現実。
おむつをしない保育園に通っている二人。

当たり前と、
自然で心地いい事、
大きくかけ離れた時代に、
kamakura 24sekkiさんは、
全部の力をパンに込めて焼いてらっしゃいました。
力、勇気、いろんなものを頂きました。
ご馳走様でした。
kamakura 24sekkiフェイスブックページはこちらから。
https://www.facebook.com/kamakura-24sekki-328461163835086/









[PR]
by fonte22 | 2016-11-15 08:25 | ブログ | Comments(0)

段葛の桜、あの日を忘れない。

鎌倉のメインストリート、段葛が長い改修工事を終えて
昨日式典があり通れるようになりました。
新しく植えられた、細く若い桜が咲いて、新しく通りの中央に各所設置されたポールに、日の丸がはためいていました。

先月、市役所であった、東北応援の大きなイベント。
参加してつくずく感じた。
熱唱しているシンガーの歌詞は今も被災した人の心を歌って、
聞いている方は、もう、5年前。

そうかな。
本当に鎌倉の人たちの地震は終わったのかな。
忘れたいだけかな。
と自問して。
桜を見たら切なさが込み上げてきました。

五年前、段葛に面した老舗のイタリアンで働いていました。
その年、段葛の桜はものすごくきれいに満開でした。
でもその年だけは、土曜も日曜も、ほとんど人は歩いていませんでした。
3.11の地震による、福島第一原発の事故で放射能の雨が降るという噂が流れたからです。
観光シーズンは、いつも人でにぎわう段葛。
異様な光景でした。

新しい段葛の桜を見て、
自分があのとき見たこと聞いたことを、
書き記しておきたいと思いました。

2011.3.11 ランチタイムの終わりごろ地震は起きました。
地下だったので、鈍い気持ちの悪い揺れ方でしたが、
ただ事ではない揺れ方で、すぐに、お客様を外に誘導しました。
時間のせいで、厨房がオーダー中ではなく、お客様も、60席あるレストランに一組しかおらずホットしました。
まもなく、ビルのガス水道電気すべてが止まったことがわかりました。
皆でひとまず、外に出ると、すべての建物から出てきた人でいっぱいでした。
二階の美容室は、パーマやカラーリングの液体を塗ったばかりの方がそのまま避難していたので、出る分の水を分けてあげようと言うことになりました。
さらに上の階のテナントの人は皆でトイレに来ました。
しばらくどこも使えなくなるからです。
停電で情報がよくわかりませんでした。
どうやら東北の太平洋側でとんでもない大地震があったらしいということがわかり、
たまたま仙台の実家に規制していたスタッフの身を案じて寒いぼがたちました。
その人とどうにか連絡がつき、無事を確認して、もう今日は無理だから、暗くなる前に店を閉めて帰ろう、となり、厨房では冷蔵庫にせっせと氷を詰めて食材が痛まないよう動いていました。その後、店のキャンドルナイト用の蝋燭を分けてもらい笛田の自宅に帰りました。
帰りにいつもよるコンビニには、すでにものがほとんど売っていなくてビックリしました。
自宅では、コレクションしていたワイングラスがメチャクチャに割れて、冷蔵庫が動いていました。
やっとついたテレビでは、次々に信じられない映像が流れていました。寒い夜でした。
電車で通っていた人たちは皆歩いて帰りました。駅にできた帰宅困難者の数から、歩いたほうが帰れるとおもったようです。
横須賀の人は、米軍基地があるお陰で、横須賀市に入ると明るく、その後も一度も停電しなかったといっていました。
北鎌倉から横浜方面を歩いた人は、人がいっぱいで、パンやジュースを何時もの倍で売っている店もあって飲み物を買うにも苦労して帰った、途中でギュウギュウ詰めの代行バスに乗ってやっと帰ったといっていました。

その後、福島第一原発の事故があり、
余震も続いて、報道も地震一色。
鎌倉では、東京電力による計画停電が始まりました。
公平のために、毎日違う時間に停電しました。
勤めていたイタリアンも、毎日営業時間を左右されました。
その上、今日はやらないとかやるとか情報は乱れました。
かりに営業しても誰も来ませんでした。
繁盛したのは、パン屋さんで、停電でも食べられるからでしょうか、
恐ろしいほどパンを皆買って、パン屋さんは並ぶ人のここまでしか焼けてないとなると大騒ぎで怖いといっていました。
観光地鎌倉は、その後の自粛ムードもあり、毎日、人気がありませんでした。
たまに、常連さんがくると、計画停電中に母が倒れて、医療行為が遅れ大変なことになった等の話しがつずきました。
とにかく電気が止まる生活は、何もかもができないみたいに、生活を硬直させました。
ネット上での放射能の情報も、テレビの情報も混乱していました。

そうしているうちに、春は色々な花を咲かせ、何もなかったように、季節はめぐりました。
桜も満開の週末、予報は、晴れ時々雨。
雨が降ると放射能が濃縮されて落ちてくるという噂が流れました。
そして、店には、一組のカップルしか来ませんでした。
一日に120人位来るイタリアンは、毎日、ガラガラでした。
他のお店も同じくガラガラ。

オーナーは、社員のリストラや社員をアルバイトにしました。
きっと、こうして職を失った人、事業が傾いた人、いっぱいいたと思います。

あの地震はじわじわと、被災者を増やしました。
じわじわと被災者を増やした原因の多くは、
原発の事故。

未だに放射能を放出しています。

私も主人もあの地震をきっかけに独立して店を始めることに決めました。

だから、あの時のこと、忘れない。

さっぱりとした段葛に日の丸がいっぱいはためいて、
あの日を知らない桜が咲いても、

あの日を忘れない。



[PR]
by fonte22 | 2016-04-01 15:55 | ブログ | Comments(0)

フォンテも5年目

お久しぶりです。
フォンテママです。
今日で、あの地震から5年。
あの地震をきっかけに、立ち上げた小さな店。
trattoria FONTE
あの時、立ち止まって考えたこと、
忘れないで進んでいきたい。
正しいとかそうじゃないとかじゃなく、
自分たちらしい美味しさや心地よさを提供していきたい。
そう、思います。

今日から、また、ブログも再開。
私事ですが、11月28日に第2子を出産して今日まで
極力赤ちゃんに時間を費やしたくてお休みしていました。
子供たちの成長を日々幸せに感じながら、
より、一期一会を大切にお店の仕事もがんばっていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。




[PR]
by fonte22 | 2016-03-11 13:14 | ブログ | Comments(0)

イベントのお知らせ!

f0357044_18523334.jpg
3月23日水曜日11:30からfonte にて蓄音機のコンサートを開催いたします。
湘南spレコード愛好会の会員の金子家祥さんに蓄音機を持ち込んでいただいて南イタリア、ナポリ(店主修業の地)の民謡を奏でていただきます。ナポリ民謡って何?って思われた方、ご安心ください中学生か高校生の時に音楽の授業で習った「オーソレミーヨ」「帰れソレントへ」等がそれに当たります。
一度「オーソレミーヨ」を蓄音機で聞いたことがあるのですが、もうCD やLPの音とはまるっきり別物です。生々しいと言うか実際に歌手が目の前で歌っているかの様な臨場感です。ぜひ一度聞いていただきたいと思います!当日はもちろん食事も付きます!
ドリンク1杯
前菜
パスタ
ピッツァ(1切れ)
コーヒー
ミニデザート
がついて税込3000円になります。普段料理よりナポリ色が強くなると思います。
予約制になりますので事前にお電話にてご予約をお願いいたします。
Tel0467-67-7796


[PR]
by fonte22 | 2016-02-19 19:30 | ブログ

おかげさまで四周年です。

おかげさまで、開業より四年。
今日から五年目です。
今まで支えてくださった皆様に心より感謝いたします。
結婚と同時にスタートした店。開業以降、フォンテママはガンが見つかりの治療をしたり、娘が生まれたりと、主人は、それでも毎朝自分で仕入れにいき、何でもて作りして、料理の質の向上に努めてきました。ママも娘と畑に一生懸命育ててきました。
今、家族が皆健康で、お店ができていることは本当に嬉しいです。
f0357044_09265320.jpg
そしてそんな家族を支えてくださった皆様に心から感謝します。
オープンからずっと、食の安全を大切なテーマに営業してきました。
自然農法に挑戦してきた畑も、ようやく美味しい収穫をメニューに反映できるようになってきました。
苦しい時期を経て、沢山の収穫をもたらしてくれるようになった今も、
じっくり時間をかけて取り組むことの大切さを畑は教えてくれています。
これからも、心も体も元気になる料理屋を目指して、
日々精進します。
どうぞよろしくお願いします。



[PR]
by fonte22 | 2015-10-29 09:53 | ブログ | Comments(0)

ベルグフェルドガレージセールに参加

今日フォンテママは、畑で朝ハーブを摘んで、
近所の老舗パン屋さんベルグフェルドガレージセールにご一緒させていただき、
ハーブの販売をしてきました。
f0357044_22294261.png

ベルグフェルドさんは、鎌倉の雪ノ下で35年ドイツパンのお店をされています。
大好きで、よく利用させていただいているパン屋さんです。
此処のスタッフの方が、私物を持ち寄ったり、自分の作品(アクセサリーを作っている方もいらしたり)を持ち寄って
年2回行われているガレージセールは、さすが~と言いたくなるような素敵なものばかりで、地元の方に大人気。
混ぜていただいた私のハーブも沢山の方に香っていただき、購入していただきました。
感謝とともに、老舗パワーをあらゆるところで感じた濃ーい一日でした。
ベルグフェルドのみなさんに感謝。
うちも、明日で丸4年を迎えますが、35年ってすごいな~本当にすごいです。
また、新たな気持で一日一日積み重ねようと思います。
ベルグフェルドさんは、
金沢街道沿い、岐かれ道バス停前のドイツパン&カフェのお店です。
鎌倉で、金沢街道エリア散策の際はぜひお立ち寄りください!
↓ベルグフェルドさんのページです。
http://bergfeld-kamakura.com/index.htm
[PR]
by fonte22 | 2015-10-27 22:24 | ブログ | Comments(0)

本日ランチのみt営業します!

f0357044_22540462.jpg
今日も秋晴れの鎌倉。ランチのみ営業します!


[PR]
by fonte22 | 2015-10-19 09:11 | ブログ | Comments(0)