鎌倉fonteの日常

fonte2011.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:有機栽培( 1 )

父の有機栽培畑を訪ねて

f0357044_07555657.jpg
9月4日~6日迄、連休を頂き、
秋田県男鹿半島の実家へ里帰りして来ました。
f0357044_08053415.jpg
花の好きな父の庭に子供たち大はしゃぎ
f0357044_08045891.jpg
庭に隣接して畑があります。
f0357044_08061155.jpg
f0357044_08041987.jpg
店でも活躍するブルーベリー
f0357044_08034620.jpg
下の子、美味しくて止まりません。
f0357044_08010516.jpg
f0357044_08014268.jpg
雪化粧カボチャ収穫
f0357044_07580055.jpg
子供たちの好物、枝豆、トウモロコシ収穫
f0357044_07594972.jpg
すぐ茹でて食べるが、最高のご馳走ですね❤
f0357044_07591698.jpg
f0357044_08001925.jpg
f0357044_08093890.jpg
花はダリアが綺麗でした。
f0357044_08021791.jpg
他にも色々
f0357044_08025878.jpg
農薬や化学肥料を使わない父の畑。
自然に生き物達の住みかに。
汲み置きの水場には、冬以外いつもカエルが産卵に来るらしく、
夏でもおたまじゃくしがいっぱい
蚊の幼虫を食べてくれるから助かるとの事。
f0357044_07571311.jpg
畑で出た植物のゴミはコンポストで腐葉土にします。
発酵が落ち着いたら、野積みにして更に完熟させます。
f0357044_07562714.jpg
そこには、カブトムシが、産卵に来るらしく、地元の昆虫少年が、
幼虫をもらうのを、毎年楽しみにしてるようです。
f0357044_07544523.jpg
男鹿半島は、岩盤地が多く、畑にできる場所が限られています。
店とニンニクや玉ねぎ、ジャガイモは、家から離れて男鹿半島のつけねの大潟村近くにあります。
f0357044_07540217.jpg
場所により、土質が違い、ここは、砂地に近いです。
f0357044_07532019.jpg
長芋
f0357044_07511270.jpg
店で使うリーキ
f0357044_07521229.jpg
大根など、秋植え野菜の栽培もはじめています。
ニンニクもこれから植え付けして、来年の6月収穫します。
ジャガイモは、春植え付け夏掘りです。
f0357044_20004137.jpg
コンポスト腐葉土作りは、ここでも。
父は、北海道から老後を生まれ故郷秋田で過ご過ごす為、
北海道から移住しました。
10年近くの努力で、
農業には、難しい半島の地質を上手く利用して、
無農薬、化学肥料無しで、
美味しく、美しい野菜を収穫しています。
私が肥料無しの自然栽培に憧れていた頃は、
父の有機栽培は有機物を投入しすぎかもと、
心配しましたが、今考えると、籾殻を大量に投入していた6年前は、地質を野菜畑にする努力だったと理解しました。
今、男鹿半島の自然と調和して、
貝殻由来の石灰と、自分で作った完熟堆肥で、
穏やかに健やかに育つ作物を見て感じました。
有機栽培とか、自然栽培とか、カテゴリーにとらわれず、
見つめることが大切だと反省しました。

畑の写真はまだまだたくさんあります🎵
後日追記するの。


[PR]
by fonte22 | 2017-09-13 13:26 | 有機栽培 | Comments(0)