鎌倉fonteの日常

fonte2011.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:自然農法( 13 )

自然栽培フォンテ畑、虫の記録

f0357044_12492937.jpg
自然栽培を始めた時は、
虫は発生すべきだから、発生する。
と言う格言を信じてただなされるがままの日々を2年。
2年目は一番虫天国でした。

考えるに、生命活動が活発になった証拠であり、
大事な通過点のように思います。

害虫も沢山発生しますが、
そのうちそれを食べる益虫やトカゲが登場して、
よーく観察するとだんだんバランスが取れてくるのが不思議です。

例を挙げますと、
アーティチョーク
毎年春にアブラムシが大量発生します。
ナチュラルな方法で人が対峙を試みても次の日にはいっぱい。
アブラムシの発生する時期の少し後に、テントウムシが出てきます。
これを集めてアーティチョークに放してやると、
ものすごくキレイにアブラムシがいなくなります。

3年目から、原因を解決してコントロールできないかのチャレンジも始めました。

例えば、カメムシが多かった年の翌年はカメムシが嫌いなものしか植えない。
今年は初めてカメムシの好きな枝豆を植えませんでした。
枝豆は土に窒素を固定するため4年連続で植えていました。

カメムシが越冬している真冬、
カメムシが卵を産んだ夏の後、
畑を畝返して土を寒さや暑さに当てて卵を死滅させる作戦。
この作戦は大変です。
が、夏は効果的で、冬は寒さが足りないのか効果なく徒労でした。

同じ多い虫でも、バッタはこの方法は通用しないようで、
バッタが好きなものには、マルチと防虫ネットが効果的でした。
雑草との兼ね合いも大切で、
いっきに雑草を除去すると、食べ物を探して作物に大移動します。

このように、観察と対策の日々ですが、
畑全体の空気の流れをよくしておくことも大切だと習い、
実践中です。









[PR]
by fonte22 | 2017-08-23 13:49 | 自然農法 | Comments(0)

失敗から考える

f0357044_11191770.jpg
トウモロコシって失敗するとこんな出来(笑)
自然農にチャレンジして5年ですがいまだに失敗も多いです。
f0357044_11194792.jpg
3代目自家採種ミニトマト
ここにきて、ぐんぐん大きくなっています。
無肥料でも、たわわに実った一代目の樹勢の強さを出してきています。
2代目は全然ダメだったのに、、感動です。
f0357044_11183072.jpg
夏の畑の花、
オレガノ、パセリ、矢車草・・・
窓辺のハーブカーテンを少しずつ新しいハーブに変えています。

失敗も多い、
子供がまだ小さいので、体調を崩されると1週間畑ができない、
それだけで、草ぼうぼう、虫天国になる。
すっかり私はよそ者みたいな景色になる。

でもガッカリしないで、
手入れして、
虫が羽音をぶんぶん高めて、
帰れと言っても、仲間に入れてもらって、
観察しながら。

失敗から考えて、
少しでも美味しい健康的な野菜やハーブが収穫できるように
その繰り返しですね~




[PR]
by fonte22 | 2017-07-25 06:35 | 自然農法 | Comments(0)

自然農法5年目5月の畑の記録

f0357044_22510249.jpg
5回目の春が来ました。
無農薬、無肥料、が基本の自然農法にチャレンジして5年目の畑の記録です。
f0357044_22575491.jpg
冬越ししたカレンデュラやジャーマンカモミールが咲き始め
f0357044_22535232.jpg
ロメインレタスやワイルドルッコラが美味しくなり
f0357044_22550446.jpg
種をとるために残した一株のラディッシュは一畝覆うほどの大きさに!
何度か菜花として食べたけど、どんどん大きくなって、
害虫に狙われやすくわりとデリケートなイメージのラディッシュは、
こんなに力強い!虫もつかない!驚きで、どこまで大きくなるか放置中(笑)
f0357044_23001273.jpg
中旬からコモンタイムの花、セージの花開花。
昨年夏にミノムシの猛攻にあって、株分けと植え直しを繰り返したレモンタイム。
花は咲かなかったけど、こんもり若葉が茂ってくれました。
f0357044_22591675.jpg
f0357044_22560372.jpg
例年より10日ほど遅れてイチゴの収穫。
f0357044_22564961.jpg
アーティーチョークも遅れてこれから6月に収穫。
f0357044_22531031.jpg
店内の飾りで愛されているクラフト用猫じゃらし
いつの間にか一株から3株に増えていました。(笑)
f0357044_22521647.jpg
ディルも開花
f0357044_22513411.jpg
スナックエンドウ、絹さやは豊作でした。
そろそろ、収穫終了。
f0357044_22483622.jpg
苺の病気を防ぐために植えていたニンニクもこんなに立派に!
f0357044_22490959.jpg
同じくイチゴ畑の守り神として植えているネギ、
種が成熟しましたので、種を収穫。
f0357044_22501699.jpg
長ネギの種です。
苗床に蒔いて、芽ネギにし、6月にジャガイモを収穫した場所に植えます。
我が家では、食べるよりも畑のリセット効果として使っていて、種取りも4回目。
畑にこぼれ種でネギが出てきているところも。
種取りは、3回目くらいから、環境に適応した作物になるようです。
丈夫で、手のかからない作物になるようで、コツコツ続けています。
f0357044_22494075.jpg
タネを採って3年目のミニトマトがようやく発芽。
2年目は、F1種の壁、全然ダメだったけど、
ちゃんと絶えることなく出てきてくれたことに感激。
大きくなってね!

写真で紹介した以外、
ジャガイモ、ししとう、バジル、トマト3種、紫蘇、レモンバーム、レモンバーベナ、
イタリアンパセリ、レタス3種、コリアンダー、フェンネル、
ローマンカモミール、ローズマリー、サフラン、オレガノ、などを育てています。

6月は、インゲンとトウモロコシを植えたいと思っています。
同じ鎌倉の畑より、自然に任せたサイクルの畑は2週間~1か月ほど遅いようです。
我が家もしかり、
それでもちゃんとめぐってくるのだから・・・とのんきにばかりもいられません。
夏が本当に厳しくなってきていますので、
背の高い夏野菜をある程度茂らせて、毎年ハーブを守ってもらっています。
ゴチャゴチャにいろいろ植わっているように見える我が家の畑なのですが、
それぞれがみんな、うまく生きていけるように配置を心掛けていて、
その配慮が行き届くかどうかがかなり重要です。

植物に癒されながら・・コツコツ行きます!















[PR]
by fonte22 | 2017-05-30 23:38 | 自然農法 | Comments(0)

イチゴと豆の季節です🎵

f0357044_08281999.jpg
例年より、10日ほど遅れて、イチゴと豆の季節が始まりました✨
f0357044_08290415.jpg
子供たちもお手伝いします。
f0357044_08293392.jpg
畑は、ハーブの花が沢山咲いています。
f0357044_08295881.jpg
コモンセージ
f0357044_08302346.jpg
コモンタイム
GWが終わり、静かな鎌倉です。
我が家も連休を頂き、リフレッシュ。
今日から又、宜しくお願いします。


[PR]
by fonte22 | 2017-05-10 08:27 | 自然農法 | Comments(0)

フォンテ畑のハーブソーダ



f0357044_17222328.jpg
畑のハーブソーダが作れる季節になりました。
子供達も手伝いました。

ハーブを籠いっぱいに収穫。

f0357044_17225455.jpg
レモンタイムとレモンバーム


f0357044_17241580.jpg
一才半の次女もヤル気満々♪

ハーブは洗って水気を切り、
お湯を沸かした鍋にぎゅーぎゅーに詰め込んで、
じーっくり煮出します。
濾して、ハイビスカスの花びらを入れて又火にかけ、
沸騰したらすぐ火を止めて、
冷めるまで蓋をして蒸らします。
又、濾します。
このハーブ液に砂糖を入れて、
アクを取りながら煮詰めます。
最後に少しクエンサンを入れて出来上がり!

自家製ハーブコーディアルです。

これをもとに、ソーダで割って、
f0357044_10320296.jpg
自家製ハーブソーダ
完成です\(^-^)/

お手伝いしたご褒美に、
まだ炭酸は苦手な娘達に
冷たいお水で割ってあげました。

わたしがやりたい
わたしがやりたい
で大騒ぎして、
母、店のオープンに間に合うか冷や冷やしましたが、
満足して静かに飲む二人の姿が面白く、
成長を感じました。




[PR]
by fonte22 | 2017-05-05 17:21 | 自然農法 | Comments(0)

鎌倉4月21日フォンテ畑の記録

f0357044_15484411.jpg
自然菜園フォンテ畑に春の勢い
f0357044_15492314.jpg
ジャーマンカモミールが咲き
f0357044_15474141.jpg
カレンデュラ開花
秋に種まきしたお肌に良いハーブ
f0357044_15415729.jpg
オレガノ、
ビオラ
f0357044_15423216.jpg
レモンタイムとイタリアンパセリの子供
f0357044_15430339.jpg
イチゴとニンニク
f0357044_15432677.jpg
冬越ししたレタス
サラダに使っています。
f0357044_15435444.jpg
種を採るラディッシュの花が咲き
f0357044_15442658.jpg
さやえんどうは、収穫して料理に
f0357044_15463191.jpg
じゃがいもは芽かきしました。
f0357044_15470951.jpg
イチゴは実が垂れ下がりだしました。
f0357044_15500103.jpg
アーティチョーク、幅は1メートル
高さ50センチ
これから一月で2メートルに成長します。
f0357044_15505198.jpg
ローズマリー満開
f0357044_15512216.jpg
ハーブの収穫カウンターにいっぱいです🎵

[PR]
by fonte22 | 2017-04-23 15:40 | 自然農法 | Comments(0)

自家採種2年目のミニトマト

f0357044_12072448.jpg
去年の夏に収穫したミニトマトです。
皿にのせたまま9カ月ほったらかしですが、
腐っていません‼
自然栽培のものは、腐らずに枯れますが、我が家でも🎶

芽が出ますように祈ります。

一株で、肥料なしで、バケツいっぱいに収穫できた親から、
f0357044_11101648.jpg
種として初の去年は、ぜんぜんダメでした。
今年、は、どうなりますか。
ダメ親から、たくましい子が、出てくるか⁉
一緒にブログで見守って下さい!


[PR]
by fonte22 | 2017-04-14 12:02 | 自然農法 | Comments(0)

カモミールの今年初収穫

f0357044_12104713.jpg
ジャーマンカモミールが咲きました。
f0357044_12115938.jpg
レモンバームも、収穫。
フォンテ畑のフレッシュハーブティーもメニューに復活。
どのハーブも、元気に冬の眠りから覚めて、
フォンテママ安心しました。
ありがとう

[PR]
by fonte22 | 2017-04-13 12:09 | 自然農法 | Comments(0)

イチゴの花満開

f0357044_16333966.jpg
雨が続く鎌倉。
先週は、晴れて畑のイチゴが満開でした。
f0357044_16345207.jpg
まだまだ、蝶々や、蜂が、少ないので、人口受粉しました。
長女、絵筆で花をくすぐる作業に、真剣に取り組みます。
美味しくなーれ☀
f0357044_16404774.jpg
イチゴ畑も、四年目です。
土壌改良にニンニクを一緒に植えています。
イチゴの株は、去年、ランナーから子供の苗をとり、
植え直したので、心配していました。
簡単だと思っていた株の更新ですが、
イチゴは根っこが、デリケートで、
根が張るまでの天候不良にやられ、
半分枯れました。
生き残りの全ての株に小さな白い花が咲いて、
母、ホッとしました110.png
子供たちが楽しみにしているイチゴ。
メニューに載るかな~


[PR]
by fonte22 | 2017-04-09 16:33 | 自然農法 | Comments(0)

自分で種を採った結果

f0357044_08001416.jpg
自然農法畑で、種を自分で採ること5年目のエンドウ豆
f0357044_07585798.jpg
市販の苗
f0357044_07593804.jpg
市販の種
スタートは、一緒です。
育ち方は、一目瞭然に、
自分で種を採るを繰り返したエンドウ豆がいいんです。
自然農法は、基本的に、無肥料です。
だから、育ちが悪い、収穫が少ないと、言われます。
しかし、適応した種であれば、
結果は違うんだって改めて感じました。
肥料たっぷりもらって、
害虫や病気の時は手厚く農薬もらって、
雑草にに負けないように除草剤撒いて、
が、残念ですが一般的な農業。
そうしてできた種と、
肥料無し、
農業無し、
除草剤無し、
の環境でできたと、
同じなわけはないんだって当たり前ですが。
植物が、環境に適応するように、進化する。
私は、一般的な農業を否定しません。
一般的、慣行農業のやり方も人によって違います。
有機栽培も、人によって違います。
自然農法もしかり。
自然農法や、自然栽培の、
実例がなかなか見ることがなく、
チャレンジする時、不安だった経験を生かして
家庭菜園レベルの私の実録ですm(_ _)m
そして、収穫が、楽しめるように、
畑が、野菜、進化することを
伝えたい。
小さな畑だけど、
自然の力は偉大です。


[PR]
by fonte22 | 2017-04-08 07:54 | 自然農法 | Comments(0)