鎌倉fonteの日常

fonte2011.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 546 )

連休しますm(_ _)m

9月4日月曜日~9月6日水曜日まで連休します。
宜しくお願いしますm(_ _)m

[PR]
by fonte22 | 2017-09-03 20:26 | Comments(0)

ゴールデンウィーク前の畑仕事

f0357044_09360411.jpg
連休中、店が忙しく、収穫しかできないので、
昨日は、畑全体の草取りです。
自然農法フォンテ畑は、
こぼれ種からのサイクルを大切にしています。
草も繁る時期ですが、
こぼれ種から、芽吹くハーブは抜かないなように、
注意深く。
昨日は、シソの赤ちゃんがいっぱい。
ちなみに、抜いた雑草は、通路に敷き詰めました。
昨日のこぼれ種の芽吹きは、シソ、ルッコラ、カレンデュラ
イチゴ🍓は青い果実がいっぱい。
藁を敷いてあげなくちゃ。
畑の繁忙期とお店の繁忙期が重なるのが、悩み。
娘達の保育園も休みですし☀(笑)
ママ頑張らねば(笑)
f0357044_09492050.jpg
新緑が美しい鎌倉です。



[PR]
by fonte22 | 2017-04-29 09:35 | Comments(0)

鎌倉ケーブルテレビの山縣さんへ花束を



鎌倉路地フェスタの紹介で、
4年ぶりに鎌倉ケーブルテレビに出ることになりました。
f0357044_02005931.jpg
4年前の放映をDVDにして送って下さったので、
田舎から母が鎌倉に来た時などに見せて家族の宝物です。
その時、取材に来てくれた山縣さんがまた来てくれると聞いて、
娘たち、保育園を休みスタンバイ(笑)
4年前に出た時は、長女が生後6ヵ月。
お店は1歳6ヵ月。
毎日、育児でほとんど眠れずにいるのに、
パンパンに張りつめた気持ちで娘を背中におぶって毎日店に立っていた。
赤ちゃんをおぶって、ワインを紹介する、抜栓する、
可愛い♡と言ってくれる方もいれば、
親の仕事に付き合わされてなんてかわいそう、と言われることもあり、
泣きながら働いていたあの頃。
今となっては懐かしい(笑)
f0357044_01451559.jpg
今は、娘たちが可愛くて、主人と私二人、力を合わせて小さい人たちを守りながら、
小さな店を営んでいる。
そんなすべてが嬉しくて、山縣さんに花束を作ろう~!と
f0357044_01423873.jpg
朝から早々にオープン準備をやって、
娘たちと花摘みです。

フォンテ畑のハーブ・・・
f0357044_01493491.jpg
とご近所さんの集まるムーミン谷ファームより、
f0357044_01434036.jpg
f0357044_01462439.jpg
f0357044_01465744.jpg
f0357044_01473512.jpg


緑肥で植えた蓮華が咲いたから摘んで行って~と温かい言葉に花摘みは盛り上がり・・
今か今かとお待ちして。
やっと再開した山縣さんは、
長女のことを名前の文字まで覚えていてくださりました!
花束を手渡し、にっこにこの娘たち。。
放映されたのは、1分くらいだと思いますが、なんとも嬉しい一日でした!
山縣さんありがとう。
f0357044_01482959.jpg

f0357044_22592928.jpeg
f0357044_23000731.jpeg
f0357044_23001805.jpeg

[PR]
by fonte22 | 2017-04-26 03:56 | Comments(0)

路地フェスタ、レインボーステイへ

f0357044_01421067.jpg
娘たちと、鎌倉路地フェスタめぐり。

レインボーステイさんへ
https://www.facebook.com/rainbowstay777/?fref=ts
このフェスタに参加している二階堂、浄妙寺地区は鎌倉でも地味な地域ですが、
歩くと、鎌倉らしさに満ちた地域です。
今日は、レインボーステイにまぐり涼子画展を見に行ってきました!
はまぐり涼子さん
https://www.facebook.com/events/260121007724755/
ちょっとした山登りの後にレインボーステイさんが出てきた時は感動。(笑)
(車でもこれますが)
広ーいお庭でのんびり鎌倉の風を感じながらお昼やお茶ができます。
そして、はまぐり涼子さんの絵の世界。
可愛くて、優しくて、緻密で・・・
皆さん!ぜひ行ってみてください。
*ピンチヒッターで今日だけ出品。フォンテママのスコーンも食べられるよ~。
f0357044_15532760.jpg

[PR]
by fonte22 | 2017-04-26 03:51 | Comments(0)

貸切りのご案内

明日29日水曜日のランチタイムは貸切りとなりますのでご了承下さいませ。
[PR]
by fonte22 | 2017-03-28 11:40 | Comments(0)

スローフードって何か

f0357044_00065200.jpg
1986年北イタリアの小さな村から始まったスローフード運動
日本では、ゆっくり食べること?って思う人が多いけど、
もっともっと奥深い、
この本はたびたび読み返します。

速度の中に自らを投じることなかれ
日本の文豪もこの宣言よりずっとずっと前に書いています。

ひとは、人になるまでに時間がかかります。
時間がかかることを否定することは、
自らの存在を否定することのように思います。

以下は本書に書かれているスローフード公式宣言和訳の写しです。

我々の世紀は、工業文明の下に発達し、
まず最初に自動車を発明することで、生活のかたちを作ってきました。
我々みんなが、スピードに束縛され、そして我々の習慣を狂わせ、
家庭のプライバシーまで侵害し、ファストフードを食することを強いる
ファストライフと言う共通のウイルスに感染しているのです。
我々の穏やかな喜びを守るための唯一の道は、
このファストライフという
全世界的狂気に立ち向かうことです。
この狂気を、効率と履き違える輩に対し、
我々は完成の喜びと、ゆっくりといつまでも持続する
楽しみを保証する適量のワクチンを推奨するものであります。
我々の反撃は、スローフードな食卓から始めるべきでありましょう。
ぜひ、郷土料理の風味と豊かさを再発見し、
かつファストフードの没個性化を無効にしようではありませんか。
生産性の名の下に、ファストフードは我々の生き方を変え、
環境と我々の取り巻く景色を脅かしているのです。
ならば、スローフードこそは、今唯一の、そして真の前衛的回答なのです。
真の文化は、趣向の貧困化ではなく、成長にこそあり、
経験と知識との国際的交流によって推奨することができるでしょう。
スローフードはより良い未来を約束します。
スローフードはシンボルであるカタツムリのように、
この遅々たる歩みを、国際社会へと推し進めるために、
多くの支援者たちを募るものであります。

今は無き、鎌倉の老舗イタリアン リストランテ ア リッチョーネは
スローフードを掲げる店でした。
その理念に影響されて働き、修業した時代、
スローフードって何?
料理出てくるのおそいの?
早食いしないで味わってゆっくり食べれってこと?
と言うお客様の反応が9割でした。
質問される自分も、繁盛店の営業の中で的確に説明する言葉を持たない未熟者で、
それこそ速度の中に自らをおぼれさせ、必死にもがいていました。
今自分で店をもって、
自分が感化されたこの理念に、
心から向き合っています。




[PR]
by fonte22 | 2017-02-26 00:06 | Comments(0)

鎌倉フォンテのおうちご飯

イタリアのママのレシピから、
野菜のタルトを作りました。
f0357044_08144669.jpg
中身は、
f0357044_08151570.jpg
玉ねぎを炒め、他の野菜は、一度茹でて細かく刻み、
加えて炒め、塩とナツメグで調味します。

f0357044_11372395.jpg
イタリアのママ達は、野菜のおかずの残りをリメイクする方法のひとつ。難しく考えなくていいみたいですよ🎵
f0357044_08164811.jpg
玉ねぎとホウレン草とブロッコリーに蕪の葉っぱのソテーと、
リコッタチーズです。
リコッタチーズは、カッテージチーズでもいいし、
家でも、簡単に作れます。
牛乳一リットルに、
無糖ヨーグルト450~500cc
イタリアのレシピは、ヨーグルト200ccですが、日本の市販の牛乳やヨーグルトでは、美味しく出来ません。
お風呂位に温めた牛乳にヨーグルトを入れて
夏はそのまま、2時間
冬はお湯をはったボールに鍋ごと入れて一晩、おきます。
その鍋を火にかけ、木のへらでかき混ぜ、沸騰前、80℃で、
ガーゼを敷いたボールにあけます。
そのまま放置して脱水すると
しっとり美味しいリコッタチーズが出来ます。
f0357044_08171659.jpg
そのまま、我が家の畑のハーブソルトと
美味しいオリーブオイルで食べても美味でした。
f0357044_08142929.jpg
生地は、
薄力粉350グラム
オリーブ油70グラム
塩小さじ1
を混ぜ、
水を120cc
加えざっと混ぜて
ひとかたまりにして、
ラップして一晩寝かせたものです。
イタリアのマンマのレシピを再現する時、
小麦粉に入れる水分量を10%減らすのが、ポイントです。
日本の水、日本の空気と
イタリアでは、違うので。
レシピの量も、だいたい二倍😆
今回も、小さいパイ皿に2台出来ました‼
一台は焼いてから、冷凍しました。

タルト型に生地を仕込み、
中身を作っている間、生地は冷蔵庫で寝かせます。
後は、中身を詰めて上から生地を被せて、
180℃に温めたオーブンで30分焼きました。

今回は、フォルテ畑の蕪の葉っぱ、我が師匠オステリアジョイアの飯田さんから頂いた露地栽培のブロッコリー、父の有機栽培畑のホウレン草が入り、我ながら幸せいっぱい詰めたパイに成りました✨

春には、畑のアーティチョークを詰めて作ってみよう🎵
野菜は、個性があるほうが、美味しく出来ます。
無農薬の野菜なら、大根の葉っぱでも、カリフラワーやブロッコリーの葉っぱでも、
チーズも、冷蔵庫に余りがあれば、細かく混ぜて何でもあり。
リコッタチーズを使わないときは、つなぎで、卵を入れても。
家庭の味です。

鎌倉フォルテのおうちごはんは、
食の安全を諦めない食卓をテーマに書いています。
自然食やオーガニックのお金がかかるイメージ強いですよね。
そうじゃなく❗と言う家庭できるチャレンジです。
宜しくお願いしますm(_ _)m



[PR]
by fonte22 | 2017-01-25 08:17 | Comments(0)

鎌倉フォンテのおうちご飯

漬物を作るのが好きです❤
f0357044_01162380.jpg
田舎で有機栽培畑を頑張っている父が、
丸々した白菜をまるごと送ってくれたので
早速、白菜漬物に✨
大きな白菜一つが核家族にはちょうど良く漬かります。
まずは、天日で1日干して、
真冬は株を六等分位に切り、
十日ほど漬けますが、
まだまだ安定して寒くないので
手でちぎって昆布と鷹の爪と塩で、十分に混ぜてから漬けます。
f0357044_01155987.jpg

手でちぎる、手で塩を馴染ませる、手塩をかけることが
漬物の醍醐です。
手でちぎって、は、おいしい秘訣です。
店の野菜はシェフがちぎってます‼それくらい大事です。
f0357044_01164229.jpg
塩を馴染ませる時は、
ゴミ袋でわしわし混ぜるとわけないです。
食べてみて少し塩強いサラダ位にします。
小さな、ホウロの漬物瓶に詰めて、
f0357044_01170087.jpg
重石をします。そして、外に置きます。
翌日から楽しめます。
刻んで餃子にしたりもします。
市販の薬品漬物を是非ともやめて、
冬こそ、漬物デビューしてみて下さい!
糠味噌漬も冬から初めるのがオススメです。
f0357044_01173896.jpg
発酵が遅いので、
発酵に先を行かれてきゃーと言う失敗なく
じっくりと、糠味噌と友達になれます❗
我が家では、一年中糠味噌漬物がおいしいです。
ワインにも、チーズ並みに合います‼
塩だけで美味しくなる世界です。
野菜は安全で美味しいもので。
不思議です。
科学的に育った野菜は、漬物になりません。
f0357044_18385493.jpg
翌日、美味しく頂きました🎵



[PR]
by fonte22 | 2016-11-27 01:18 | Comments(0)

鎌倉フォンテのおうちご飯

朝仕入れについていった娘4才。
農家おばさんから柿をもらいました。

f0357044_15481956.jpg
酢の物が好きな娘は、
柿なますにしよう❗と提案して来たので、
一緒に作って楽しみました。
作り方
大根を千切りにして塩もみ、
柿は、種いっぱいですが、取って千切り。
甘酢であえて少し馴染ませて出来上がり。
すると
秋田の畑のじーじから、
食用菊が届き、
菊の酢の物大好きな娘が又お手伝い。
四才に習い、頑張るもうすぐ1才。
赤ちゃんって凄いです。
ちゃんと真似ます。
が、、、最後は花吹雪です😅
作り方
花びらだけにした菊は、
酢を入れたお湯でざっと茹でます。
冷水にさらし、
ぎゅーっと水をきって、
三杯酢又は、甘酢であえて出来上がりです。
f0357044_15474942.jpg
秋は、娘達大好きの魚にも脂がのって来ます。
さっぱり酢の物で、
旬のものを使うと、自然にバランスがとれるなァと
思う母でした。


[PR]
by fonte22 | 2016-11-01 15:42 | Comments(0)

お知らせ

明後日17日月曜日は休まず営業いたします。代わりに19日水曜日をお休みとさせていただきます。
[PR]
by fonte22 | 2015-08-15 11:41 | Comments(0)